【前編】宝塚歌劇団 演出家  上田久美子さんインタビュー

【前編】宝塚歌劇団 演出家 上田久美子さんインタビュー


———————————————-
BOOKOUTジャーナルとは
 
知られざる想いを知る―。
いまいちばん会いたい人に、
いちばん聞きたいことを聞く、
ヒューマンインタビュー。
———————————————-

撮影/長谷川 梓
文/石井 美輪

———————————————————————————————————————————–
100年以上の長きに渡り、劇場を満員にし続ける宝塚歌劇団。
人を惹きつけてやまない舞台を作り上げる専属の演出家陣の中で、ここ数年でひときわ注目を集める女性がいます。
その女性とは、昨年大劇場デビューを果たしたばかりの演出家・上田久美子さん。
美しい舞台上で繰り広げられる、豊かで繊細な人間同士のドラマ。
3作続けて熱烈に支持される作品を世に送り出した上田さんとは、一体どのような人なのか?
ロングインタビューを前後編に分けてお届けします。
————————————————————————————————————————————

001

2013年、入団7年目にして『月雲の皇子 ―衣通姫伝説より―』で演出家デビュー。
その公演が好評を博し急遽再演が決定。
異例のヒット作に。
二作目である『翼ある人びと ―ブラームスとクララ・シューマン―』は鶴屋南北戯曲賞の最終候補に。大劇場デビュー作であり、彼女にとっては三作品目となる『星逢一夜』では読売演劇大賞の優秀演出家賞を受賞した。

今までに発表したのは3作品のみ、しかし、その全てが大きな話題に。
宝塚歌劇団の若き女性演出家として注目を集めている、上田久美子さん。
今では演出家として活躍している上田さんだが、実は過去には製薬会社に勤務していた時期も。
“転職”というカタチで宝塚歌劇団の門を叩いた、その経歴は少し変わっている。

 

幼少期は文学少女
青春時代を京大で過ごし
卒業後は製薬会社へ

「幼い頃は読書が好きな女の子でした。と言うと聞こえがいいですが、私が生まれ育ったのは奈良県の何もない田舎町で、本を読むくらいしかやることがなかったんですよ」

と笑う上田さんは、高校卒業後、かの京都大学の文学部へ進学。アンドレ・ジッドやレイモン・ラディゲをはじめ「フランス文学が好き」という理由でフランス文学を専攻。卒論はフランスの哲学書をテーマに書いたそう。

「当時は明確な将来の目標を見つけることができず、ただ漠然と“何か海外と関係のある仕事ができたらいいな”と思っていました」

そんな上田さんが、大学卒業後に就職したのはフランス文学とも海外とも全く関係のない製薬会社。

「当時は就職氷河期。ありとあらゆる会社を受けて、たまたま受かったのがその製薬会社だったんです(笑)」

 

1 2