【前編】東原亜希さんインタビュー

【前編】東原亜希さんインタビュー


———————————————-
BOOKOUTジャーナルとは
 
知られざる想いを知る―。
いまいちばん会いたい人に、
いちばん聞きたいことを聞く、
ヒューマンインタビュー。
———————————————-
 

WANIBOOKOUT_banar

 

撮影/渡辺 謙太郎(MOUSTACHE)
文/安倍 佐和子

 

タレントとして人気絶頂期に柔道家の井上康生氏と結婚。海外赴任中にふたりのお子さんを出産、帰国後も仕事と子育ての両立に努めてきた東原亜希さん。じつは、30歳のときに起業、食品やベビーケア製品を扱う実業家としての顔も持っている。手掛けた製品は完売続きというヒットメーカーに。起業するきっかけとなったのが、友人が何気なくつぶやいた一言だったという。

ルールに縛られない
モノづくり。
その原点とは?

「商品をコメントするお仕事が多かった頃に“人が作ったものにコメントするんじゃなくて、そろそろ自分がいいと思ったものを作ればいいのに”って、友人から言われたんです。確かに、自分でこだわって作ったものなら、胸を張っていいと言い続けられるな、と。長男が生まれて、母親としてなんとなく焦りを感じていた29歳の頃です。

これから先、たとえば、子供たちが多感な年頃になったとき、私が撮影でずっと家にいない、というのは母親として嫌だなって思ったんです。かといって私には専業主婦という選択肢はなく。社会とのつながりは持っていたい、細々とでも自分のペースで仕事を続けたい、ならば、よし、自分の会社を作っちゃおうって(笑)。何の知識も持たずに、勢いで起業しました」

 0050

―亜希さんらしい、しなやかさ。起業してから最初に手掛けた製品は何だったんですか? 

「最初は家族中で愛飲している青汁を、原料にこだわって作りたいと思い、ふらりと工場にいって“これこれこういう青汁を作りたいんです。お願いします”って(笑)。企画書も計画書もない中で、納得のいくものができあがったのは、モノ作りに情熱をかけるプロたちと巡り会えたからこそ。取引先の方々にはいろいろご迷惑をおかけしているのでは、と思います。

会社勤めの経験さえ持たない人が会社を作ってしまったんですから、会社運営は白紙の状態から(笑)、現在も仕事を通して勉強させてもらっています」

経験から生まれた
いま欲しいもの
必要なもの

「じつは、長男が乳児湿疹と喘息、眠れないほどのアトピーの症状にずっと悩まされていて。口にするものにアレルギーを誘発させるものがないか、保湿ケアは足りているか、常に神経を尖らせるように。あるとき、カレー粉の成分表示を見ていたら疑問に思うことがあって。

カレーって子供の大好物で、働くお母さんにとってこれほどありがたいメニューってないですよね。それなのに食べさせてあげられない、ならば、長男が食べられる動物性原料&グルテンフリー、無添加にこだわったカレーを作ろうと思ってスタートしたのが2つ目の製品、べジカレーフレークです。子育てしながらのペースなので、結局、完成までに一年くらいかかってしまいました」 

0171-30181

 

―ベジカレーフレーク誕生の裏にはそんな母としての思いがあったんですね 

「アレルギーに悩む子供の問題は、親にとっても大きなストレスで。遺伝的な要因もあるかもしれませんが、長男がお腹にいたとき、イギリスでの食生活が悪かったのでは、とか、そんな体質にさせてしまったという罪悪感もあって。つい、悪い方、悪い方に考えてしまう。言い訳に聞こえるかもしれませんが、上の子の世話もあって、乾燥する時期にじゅうぶん保湿ケアをやってあげられなかったんです。

乳児湿疹にバームなどの油分をべたべた塗ってもかえって悪化させてしまうのでは、という勝手な思い込みもあって。長男のようなケースでは、きちんと保湿ケアをしてあげるべきだったと反省しています。現在は、食事と保湿ケアを徹底するようになって、幸いにもだいぶ症状は改善されてきました」

―子供の保湿ケアは、何をどうすべきか、正解はないといった印象ですね 

「2016年の秋に発表したBABYBORN No.1フェイス&ボディミルクは、長男の経験から、子供の保湿ケアの大切さを多くの方に知って欲しいというメッセージを込めて、エステティシャンの高橋ミカさん協力のもと作ったものです。ちょうどミカリン(高橋さんの愛称)と私の双子の妊娠が重なったこともいいタイミングだったと思います。

肌なじみやのびの良さ、リラックスできる香りも欲しいね、親子で使えるものがいい、などなど、試行錯誤しながら完成させたものです。子供でも片手で使えるポンプ式、パッケージのイラストは息子作(笑)です。次は親子で使える、肌に優しい日焼け止めを作りたいなって思っているんですよ」

dsc0265

後編は、1月30日(月)です、お楽しみに!

BABYBORN No.1フェイス&ボディミルク
【楽天】でのご購入はコチラから

【Profile】
東原 亜希(ひがしはら・あき)

タレント、柔道家の井上康生氏の妻。現在は4人の母として多忙な日々を送りながら、モデル、実業家としても活躍。著書に『東原亜希のStyle book』(小社刊)など多数。
http://ameblo.jp/higashihara-aki/

Written by nishikawa

»この連載の記事を見る