16万部のベストセラー『ぼくたちに、もうモノは必要ない』著者・佐々木典士氏、アメリカ・ニューヨークで講演会を開催!


4月11日にW.W.ノートン社(アメリカ・ニューヨーク州)により、『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』がアメリカで出版されることとなりました。

この発売を記念し、ニューヨークにて著者・佐々木典士氏による講演会が開催決定!
(ジャパン・ソサエティー主催)。

sasaki

日時:2017年4月4日(火)18:30~
※日本時間4月5日(水)7:30~

会場:ジャパン・ソサエティー(333 East 47th Street, New York, NY 10017)

出席:佐々木典士(日本語による講演。英語の同時通訳あり)
料金:US$13(会員、シニアと学生はUS$10)

URL
https://www.japansociety.org/event/goodbye-things-the-new-japanese-minimalism

 

佐々木典士(ささき・ふみお)
編集者・中道ミニマリスト(写真)
1979年生まれ。香川県出身。出版社2社を経てワニブックス勤務後2016年退社。すべてを保存し何も捨てられない元マキシマリスト。2014年クリエイティブディレクターの沼畑直樹とともに、ミニマリズムについて記すサイト『ミニマル&イズム less is future』を開設。

■『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』とは
佐々木典士氏が自身の体験をもとに上梓した初著書(2015年6月12日 ワニブックス刊)。
持ちモノを最小限に減らす「ミニマリスト」という生き方を実践し、常識にとらわれない豊かな暮らしを提案する。一切物のない衝撃的な部屋の様子と「ミニマリスト」という言葉は注目を集め、2015年の「ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされた。2017年3月現在、本書は世界13言語に翻訳されることが決定している。国内16万部を超えるベストセラー。

Processed with MOLDIV

日本版『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』
2015年6月12日発売/ワニブックス刊/1,080円(税込)

米国版『Goodbye, Things: The New Japanese Minimalism』

  Processed with MOLDIV

BOOKOUTでは、佐々木典士氏の新連載もスタート予定!お楽しみに。

Written by nishikawa

»この連載の記事を見る