第15回 神様目線で考える「対人関係」①〜結婚相手を決める「3つの条件」

第15回 神様目線で考える「対人関係」①〜結婚相手を決める「3つの条件」


———————————————————————————–

「若きカリスマヒーラー」として注目を集めるyujiさんが、
人生に悩まずにまっすぐに自分の本来の宿命を知り、
また、それを生かした充実した人生を送るための
「自分軸で生きるヒント」をお伝えします。

———————————————————————————–

こんにちは。ヒーラーのyujiです。
さて今週から、新しいテーマのセッションに入りたいと思います。

ここまでは、「神様界のマインドを、個人の人生にどう生かしていけばよいか」という観点で、
さまざまなことをお伝えしてきました。
そこで、次なるテーマはその応用編。現実社会での対人関係について、神様目線でとらえてみたいと思います。

その第一回目は「恋愛と結婚」
個人セッションでも、ご相談が非常に多いテーマなのですが、
僕の場合は以下の「3つの柱」の観点から、“上”のメッセージをお伝えするようにしています。
それは、

①「ご縁」
②「相性」
③「動物的本能」

恋愛の場合、上の3つの柱のうち、2つがOKであれば、「その二人は恋愛関係になってもよい」と判断します
(結婚の場合は、大事なポイントがあるので、くわしく後述します)。

まず①の「ご縁」は、過去世からつながっているもの。
前世で夫婦だったとか、「敵国の相手で殺し合っていた」なんていう関係も、深い「ご縁」になります。
言語では説明ができない、どこか不思議なつながりを感じる関係性です。
②の「相性」は、シンプルに「お互いの好みが合う」ということ。
衣食住や笑いのセンスに始まり、容姿の好みなどの美的感覚、物事の価値観も当てはまります。
③の本能は「フェロモン」という言葉もあるように、直感や感性のこと。
人間も本来は動物ですから、動物的感性で、匂いやしぐさ、声に惹かれるなど、
会った瞬間に「ビビッときた」ということがあります。

恋愛の場合はとくに、③の「本能」から始まるケースが多いのではないでしょうか。
なぜなら本能は、お互いが惹かれあうためのエントランスの部分であり、獲物を認識する能力&センサーでもあるから。
この本能をつなぎとめておくためには、②の相性もさらに必要になっていきます。
お互いを深く知ると、「食べ物の好みも合うな」とか、「考え方も似ているな」と共鳴するなど、
前世的なご縁のつながりはなくても、二人の絆が深まるケースは多くあります。


結婚相手の決め手は、本能も条件も越える「ご縁」

しかし! 結婚を前提にした場合は、①の「ご縁」は必要不可欠な条件です。
なぜなら、たとえ相性がよく、本能でビビっときたとしても、悲しいかな人間は「飽きてしまう」もの。
センスや価値観は、時とともに変わっていくこともありえるからです。

第一印象が最悪だったり、服のセンスがイマイチだったり、
見た目がまったく好みではないとか、何かとイライラさせられる相手でも、
お互いを結びつけるご縁がある二人は、魂レベルで凸と凹がガチャン! と組み合わさっています。
そのため、そう簡単に離れることはありません。
反対に、どんなに好きで「超タイプ!」という相手でも、
ご縁がなければ「フックがない=引っ掛かりがない」ということ。
残念ですが結婚に至る可能性は薄いといえるでしょう。

先日のセッションでも、あるクライアントの方から、
「元彼とよりを戻したいのだけれど、どうしたらいいだろうか」という御相談がありました。
でも、二人のホロスコープと“上”からのメッセージを精査したところ、
まさに「ご縁」でつながっているカップルであることが判明。
「別れたとしても、◯日くらいには復縁しますよ」とお伝えしたところ、その方は半信半疑のムードで帰っていかれたのですが、
数日後「日付が変わった瞬間に、彼と復縁したんですけど!」と、驚きの報告がありました
(僕としては、「それはそうだろう」という展開でしたが)。
「復縁」できたのは、まさにご縁のある二人だからに他なりません。
仮に、南極と北極からスタートしても出会えるほど、赤い糸どころか、手錠でつながれてるかのごとく、ご縁のパワーは強烈です。


「恋愛」は一時的な病。「結婚」は魂磨きの契約。

「恋は盲目」とはよくいったもので、一種の病。
ホロスコープ上でも、恋愛は「エンタテインメント」のジャンルに入ります
一方の結婚は、あくまでも「契約」
恋愛と同じように、病でのぼせた状態のまま突き進んでしまうと、
結婚と離婚をくりかえす「結婚難民」になるおそれがあります。
(ただし例外として、「愛情や結婚について学びなさい」という課題をもっている方は、
配偶者との学びが一定レベルまで到達したら、「ミッションコンプリート」という意味で、離婚が許される場合もあります)

メディアの悪しき影響かもしれませんが、
「恋愛の延長線上に結婚がある」という考えは、どうか今この瞬間から捨て去っちゃってください!

年中「ときめかない」とか「もっとドキドキしたい」と言ってる方にはあえて苦言を呈したいのですが、
そもそも結婚は御霊を磨く修行のひとつであって、決して「エンタメ軸」ではない。
人生の課題を共に乗り越えていくために、お互いの足りない部分を補い合うために、「つがい」となる契約を結ぶわけです。
なので「見た目もよくて、年収も高い人と結婚できてラッキー!」なんてことは、そもそも“上”から許してもらえません。
仮に、ハイスペックな相手との玉の輿婚に成功したとしても、
嫁姑問題、子育ての問題など、その先に越えるべき課題がガッツリと待っているケースも多いのです。

結婚までの道のりには、いろいろとクリアしなければならないことはありますが、
自分とご縁をもつ人をどうやって探せばよいのか、気になるところですよね。

次回は、運命の相手=ツインソウルをテーマに、結婚についてさらに掘り下げていきたいと思います。

次回の更新は6月21日(水)。
お楽しみに!


お知らせ

この連載が、一冊の本になりました!
書き下ろしも加えて、“知らぬ間に神さまを味方につける、生き方のヒント”が詰まっています。

『神さまと顧問契約を結ぶ方法』
6月24日(土)発売
Amazonにて予約受付中!

Written by yuji
yuji

香川県高松市生まれ。高校卒業後、渡伊。 現地デザイン系大学院卒業後、デザイン事務所に勤務。帰国後、数社での実務経験を経てクリエイティブとその先を繋ぐ仕事に就く。幼い頃から”お呼び”がかかっていたが、そのいわゆる“いかがわしい”道ではなく、ものづくりの道に進む。 しかし、上から度重なる「上からのメッセンジャーとして生きなさい」という警告をうけ、ヒーラーとして活動する決心をする。現在はクリエイティブ活動と並行し、多くの人にセッションを行うほか、自身のさらなるレベルアップのために聖地を巡る日々を送る。

»http://u-tnk.com/

»この連載の記事を見る