宝塚歌劇 月組公演『All for One~ダルタニアンと太陽王~』制作発表会


 2017年5月31日、塚歌劇団月組公演『All for One~ダルタニアンと太陽王』の制作発表会が都内で開かれました。

img_1464
世界中で愛される古典・デュマの「三銃士」をもとに、
演出家の小池修一郎氏の脚本・演出によって新たに描かれるアクション・ミュージカル。
太陽王と呼ばれたルイ14世が治めるフランスを舞台に、銃士隊の新入りダルタニアンの冒険を、三銃士との友情を交え、壮大なスケールで描く浪漫活劇です。

img_1469

パフォーマンスとして作品の代表曲を歌唱した後、出演者がそれぞれ挨拶を行いました。

主人公・ダルタニアンを演じるトップスター珠城りょうさん:
「トップになって2作目で、小池先生のオリジナル作品を演じられるのが大変うれしいです。
個人的に三銃士のような冒険活劇が大好きで、その中でもダルタニアンをさせていただけるということで、とてもワクワクしています」
「歌詞や音楽の方向性がとても希望に満ち溢れていて、自分のためじゃなくて誰かのために、みんなの幸せを勝ち取るためにみんなで力を合わせよう、という作品の大きなテーマが見に来ていただくお客様に強いメッセージを与えられるような作品になるのではないかと思います」
「みなさまに夏なので、すっきり爽快感のあるようなパワフルな舞台をお届けしたいと思っております」

ルイ14世を演じるトップ娘役の愛希れいかさん:
「今回はルイ14世役をさせていただきます。
このような新しい役に挑戦させていただくことをとてもうれしく、そして、緊張、ワクワク、どうなるんであろうという、いろいろな気持ちがありますが、とてもうれしいです」
「小池先生の『エクスカリバー』という作品を見て、宝塚に入りたいと思いました。このように小池先生の作品で出演できることがとてもうれしく、幸せに思います」
「たくさんのお客様に夢と希望と、見終わったあとにワクワクしていただけるような舞台ができたらなと思います」

三銃士のアラミスを演じる美弥るりかさん:
「今まで小池先生の作品の中では正義と悪に分けたらだいたい悪チームにおりましたので、配役を聞いたときに驚きもありましたし、新たな役のジャンルで三銃士の一員としてこの作品に参加できますことを非常に楽しみにしております」

月組へ組替えとなり、ベルナルドを演じる月城かなとさん:
「今回は月組に組み替えしてはじめての大劇場作品となりますので、珠城さん率いる月組の空気をしっかり感じて、皆様に楽しんでいただける作品になるように精一杯頑張りたいと思います」


================================

三井住友VISAカード シアター
浪漫活劇(アクション・ロマネスク)
『All for One~ダルタニアンと太陽王~』
脚本・演出/小池修一郎

宝塚大劇場
2017年7月14日(金)~ 8月14日(月)
一般前売:2017年6月10日(土)

東京宝塚劇場
2017年9月1日(金)~10月8日(日)
一般前売:2017年7月30日(日)

宝塚歌劇オンラインチケット【インターネット販売】<要事前会員登録、入会金・年会費無料>
パソコン http://kageki.hankyu.co.jp
モバイル http://sp.takarazuka.tw/

宝塚歌劇団公式HP
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2016/rurouni/index.html
================================