はじめての「ソロ焚き火」

はじめての「ソロ焚き火」


これは、モノを手放し、身も心も身軽になったミニマリストが、「やりたいこと」に挑戦していくお話。

ぼくは明日死んでしまうかもしれない。
だから「やりたいことはやった」という手応えをいつも持っていたい。

いざ、心の思うままに。

——————————————————————————–

照明はぎりぎりまで暗く、バーテンダーはほどよい距離感を保っている。

そんなBARで、まだ恋人になっていない2人はお互いの距離をグラスの中の氷と一緒に溶かしていく。

焚き火を囲む人も心からくつろぎ、普段は話さないことをお互いに打ち明けるようになる。

そう、いいBARは何よりも焚き火に似ているのだ。

 

すべては俺の責任

 

モノを減らしてから、自然やアウトドアに興味が向かうようになった。
そうしてBBQや焚き火に参加する機会は増えた。
しかしそれを今日はソロでやるのだ。

火をおこす人=俺
火を司る人=俺
料理する人=俺
くつろぐ人=俺
片付ける人=俺

twitterで「俺」というアカウントを取得しそうなほど、今日は俺でいっぱいなのだ。当然いつもより、責任感は増す。俺は万全の準備をととのえた。

 

万全の体勢で臨む

 

 

当たり前だが焚き火をすることによって自然にインパクトを与えてはいけない、焚き火台が必要だ。
選んだのはミニマリストにふさわしい「ピコグリル」!!

Processed with Rookie Cam

 

Processed with Rookie Cam
とっても軽くて、こんなにも薄くなるんですよ〜⤴(タカタ社長のノリで)

不安を払拭するため、難燃性のシートも下に敷く!

Processed with Rookie Cam

いざというときのために、消化用のバケツも準備!

着火剤は使わない。できるだけあるものを利用する。
初心者にもかかわらず、無駄なサバイバル心が湧いてきた俺は
その辺の落ち葉と枯れ草をスターターに用いることにした。

Processed with Rookie Cam
だってカラッカラで、よく火が付きそうなんですもの。

 

予想外の展開

 

いざ、着火。長い柄のついたライターで安全に!

Processed with Rookie Cam
いい感じ!

 

Processed with Rookie Cam
煙すごい! 目が痛い!

 

Processed with Rookie Cam
……なんか尋常じゃないほどの煙が出て来る。

通報されてもおかしくないレベル!! それは焚き火ではなく、もはや「のろし」だった。

 

「敵の来襲じゃぁ〜、殿ぉ〜!! どうかご無事で、殿ぉ〜」
取り乱した黒田官兵衛が俺の中に降りてきて叫ぶ。
(黒田官兵衛のことはよく知らない、ファンの方すみません)

 

一通りアタフタしているうちに、煙も少しずつおさまってきた。

Processed with Rookie Cam

 

薪も買ったものではなく、落ちている木を使ってみる。

Processed with Rookie Cam

Processed with Rookie Cam
乾燥した木だったので、すぐに火がつく。ここまではとても順調。
気を良くした俺はやってみたかったアレに手を出す!

 

山岡さんと俺

 

ふだんは手がのびない高級品「シャウエッセン」様を串に挿して焼く。

Processed with Rookie Cam

直火は強力で、あっという間に焼けた。
というか表面だけが焦げてしまって、失敗。

Processed with Rookie Cam
いざ、試食。

とんでもなくうまい!!

「とってもワイルド、山岡さんより素敵かも…♡」

俺の中の栗田ゆう子が声をかけてきた。

直火や炭火で焼く肉には特別のうまさがある。
おそらく、木の匂いがつくことでスモークされたような味わいになるのではないか。

あっという間にシャウエッセン一袋を平らげた俺は、焚き火を前にしてくつろぐ。

Processed with Rookie Cam
薪を作りながら、ぼんやりと焚き火を眺める。

 

焚き火と組織の共通項

 

焚き火を上手く作るのは、組織づくりに似ている。

Processed with Rookie Cam

・盛り上がっているところには、薪を応援に行かせる。
・くすぶっている薪があれば、活躍できそうな場所に配置換えする。
・役割を終えた薪は、灰になることで自然に後進に場所をゆずる。
・何よりも風通しがいいことが、火を絶やさないための条件である。

なんだかうまいことを言いはじめた俺は、
すっかり満たされた気持ちで片づけを始める。
この日はいつもよりリラックスして眠ることができたようだった。

翌朝、焚き火台のピコグリルを見るとすっかり黒光りし、一人前の顔になっている。

Processed with Rookie Cam

マキちゃん、ね……。そういえば昨日は派手に盛り上がってたなぁ。俺の上で!!

どうやら俺よりも、焚き火台のほうに貫禄が出たようだった。
昨日まで薪童貞だったくせにね!!

 

 

【ソロ焚き火の注意事項】
・安全対策は万全に
・葉っぱや、生木はすごい煙でるよ!!
・焚き火台は、一晩で豹変します。

Written by sasaki fumio
sasaki fumio

ライター/ミニマリスト 1979年生まれ。香川県出身。出版社2社を経てワニブックス勤務後フリーに。2014年クリエイティブディレクターの沼畑直樹とともに、『Minimal&Ism』を開設。初の著書『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(小社刊)は、国内16万部突破、世界18言語に翻訳される。

»http://minimalism.jp/

»この連載の記事を見る