君の野菜を干したい。

君の野菜を干したい。


——————————————————————————–

これは、いろんなものを手放し、身も心も身軽になったミニマリストが、「やりたいこと」に挑戦していくお話。
死が怖いのは、「やりたいことは、すべてやった」と言えないからではないのか?
いざ、心の思うままに。

——————————————————————————–

 

女神の前髪を掴め!!

 

アフロでおなじみ、元新聞記者の稲垣えみ子さん。稲垣さんは、震災以降に電化製品を次々に手放し、今では冷蔵庫も洗濯機も掃除機もない生活! 電気代は月150円代だとか!!

末は憧れのオフグリッド!!

「電気? 俺の人生には必要ないものだったね

なんていつか言いたい。

 

稲垣さんの新刊「寂しい生活」を読み影響を受けまくり、そこで紹介されていた「干し野菜」を作るために、干しざるを買いにホームセンターへと走る!

 

第一印象は

「デカイし、作り悪いし、なんか嫌だな」

と思ったものの、頭を振りかぶっていざ購入。

img_8331

 

あとで稲垣さんに聞いたら、

「なくても作れますよ~」

とのこと。いらないチラシとかをくちゃくちゃにして置くでいいんだってさ。

なるほど早計であったか。いきなりモノに頼ってしまうとは、ミニマリストの不覚、ここ極まれリ。

 

しかし、まず行動をとった自分を褒めよう。

「幸運の女神には前髪しかない」んやで!!(←最近覚えた言葉)。

ワカメちゃんかよ、運命の女神。

 

稲垣さん曰く、干し野菜は「太陽が半分調理してくれるようなもの」という。

なんて素敵なの。栄養価もアップするらしいし。

 

ちなみに太陽から地球に到達するエネルギーは、人類が消費するエネルギー量の1万倍なんですって、偉大すぎるよ太陽。

 

さっそく、野菜をいそいそと切って並べる!

img_8339

 

img_8330

干しざるの形状からなんか「常に軒先に王蟲がいる感じ」がする。

 

えのき課長

 

でも生活しながら、ついちらちら干しざるを見ちゃう、気になっちゃう。

食べものが身近で熟成されていく感じというのは、特別なワクワク感があるものです。

img_8343

 

まだ夏の暑い日。じりじりと太陽が野菜を照らし、数時間でで干し野菜らしい感じに。

特にえのき!! アンタは、影響受~け~す~ぎ~(←オネエのノリで)

img_8389

 

念のためにもう1日干してみる。

img_8398

オクラはもう、ラピュタを守るロボット兵みたいになっとるがな。

 

 

えのきに至っては、

img_8399

 

「勤続40年、お疲れさまでした」という

花束を受け取りそうな燃え尽きた様子

 

なんとなく、干し野菜

 

そしてやりたかった「インスタント味噌汁」

干し野菜からはダシがでるので、お湯と味噌をちょいちょいと入れるだけで完成するという。

img_8401

img_8404

いい感じ。具も簡単に多くできるし。

いざ試食。うん? 茄子がパサつき過ぎてるかな。乾燥しやすいものだと、もっとちゃんと熱を通したほうがいいのかも。

 

しかし便利な干し野菜。

カップラーメンに入れると、一気に豪華に、野菜が取れる!

img_8508

カップラーメンの「罪悪感」を干し野菜の「ていねいな生活感」が埋めるというアンビバレントな感じに!!

 

「うちの冷蔵庫にはなんにもない。」と思ったときもパッとまぜて焼きそばができたり。

img_8758

img_8759

 

干し欲の暴走

 

干し欲は増し、稲垣さんが「いちばんびっくりした」というもやしを干してみると、

before

img_8733\

after

img_8770img_8772

 

そのまま食べると、干し草をもしゃもしゃする牛になった気分になれるよ!

 

いちばん気に入ったのは、プチトマト。ようするにドライトマトができます。

img_8511

干している途中でもつぎつぎに被害(自分のつまみぐい)にあうので、完成にこぎつけられたのはこれだけ。

 

img_8771

 

 

これは……ゥンまああ~い!!

甘味が凝縮されつつも、トマトのよさである酸味がしっかりと残っている。

 

お酒やめてて本当によかった。

こんなモンスターおつまみを作ってたら、白ワインとの永久運動がはじまるとこだったわ!! 

 

あるとき思いついた。「プチトマトでこんなに美味しいなら、フルーツトマトならどうなってしまうんだ?」と。

 

もはや気分はマッド・サイエンティストだった。自分の作った高性能ロボットに惚れ込み、意志まで与えてしまう博士。それは崩壊の始まりだったというのに……。

 

欲望と好奇心に抗えず、禁断の「フルーツトマト」を干す。

アダムとイブが食べたのは、フルーツトマトだったのではないか? 

すでに理性が吹き飛んでいる俺の妄想は止まらない。

 

結果。

img_9128

 

確かにうまい!

 

でもな節子、これただのドライフルーツや。

 

 

【干し野菜のコツ】

干しざるがなくても作れる

もやしは藁みたいになるよ

甘さを凝縮するのは、ほどほどに

Written by sasaki fumio
sasaki fumio

編集者・中道ミニマリスト/1979年生まれ。香川県出身。出版社2社を経てワニブックス勤務後2016年退社。すべてを保存し何も捨てられない元マキシマリスト。2014年クリエイティブディレクターの沼畑直樹とともに、ミニマリズムについて記すサイト『ミニマル&イズム』を開設。初の著書『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(小社刊)は、2017年4月現在、世界13言語に翻訳されることが決定し、NYで講演会も開催。国内16万部を超えるベストセラーとなる。

»http://minimalism.jp/

»この連載の記事を見る