第3回 週末の日帰り小旅行

第3回 週末の日帰り小旅行


 

—————————————————————-

オーガニック発祥の地、
LAでEMIKOさんが見つけた
食、子育て、ビューティ、暮らしのあれこれ

—————————————————————-

 

ロスから車で約1時間半北に走るとOjai (オーハイ)という山間の小さな街があります。

前回訪れたのは6年も前。最近フランス人の友人がよくインスタでオーハイの画像を上げていて、私もなんとなくまた行きたくなったので彼女に連絡してお勧めを聞いたりしながら、家族と一緒に日帰りの小旅行を計画しました。 

ここに来たかった一番の理由は数年前にできたこのお洒落なホテル、「Ojai Rancho Inn 」を覗いてみたかったから。

プールを囲んで週末はゆるーいバンド演奏があったり、カジュアルでヒップなこの空気感にとても惹かれたのです。

残念ながらこの週末はもう予約がいっぱいでお部屋は取れませんでしたが、ペットもOKという事なのでまた次回リベンジ。

1 2

こちらのホテルから車で10分行くとそこはもう街の中心。

3

お洒落な雑貨屋やカフェ、全米一大きな青空本屋「Barts books」などが歩ける距離で並んでいます。この辺の建物はスパニッシュ建築が多くて、民家もサボテンやグリーンでセンス良く飾られています。

6

7

8

歩いてお腹が空いたら大人気の「Farmer and the cook」でオーガニックベジタリアンランチ。

マーケットもあるこのお店はこの辺ではちょっとしたコミュニティースポット。

まるでマウイの「Mana foods」に来ている気分になりました。ここに集う人みんなが笑顔で美味しい物を分かち合っている。そこで売っていたスイカを切ってその場で食べたり、子供から大人まで(犬も)リラックス。オーダーしたベジタリアンタコスもとーっても美味でした。ここで買ったこの辺で取れたワイルドベリーもとっても甘かった。こんなお店が近所にあれば毎日通うのに。

 9

腹ごしらえをした後はハイキングに。ホテルやお店の人に聞いてローカルしか知らない川を求めて車を走らせました。

ナビに従って行ったのにあいにく工事中で行きたい場所にたどり着くことができなかったのですが、不幸中の幸い故か勘だけを頼りに車を走らせるとこんなに美しい湖が突然現れました。

10

でもここに車を置いて湖に飛び込むのは少し危険そう。泥棒注意の看板もやたらとあるし、湖まで歩いて行っても高いとこから飛び込まないといけないというリスク付き。

夫は俄然やる気を見せていましたが、家族みんなの反対で泣く泣く諦めていました。

だけど、街に帰る途中で雰囲気の美しい女性が突然車を止めて水着姿で森の中に消えて行きました。

『ここには何かある!』という勘が働いて彼女に聞いてみるとこのすぐ先に綺麗な小川があるというではありませんか。早速私たちも車を止めて水着に着替えてタオルだけ持って歩いて行きました。

11

まるでハワイの山の中にあるようなサンクチュアリィが待っていてくれました。水も澄んでいて瞑想している人、水遊びをする子供達。外からは想像のつかない美しい光景でした。

すっかり気分を良くした私たちは夕日を見るために「Meditation Maunt(メディテーション・マウント)」 へ。

ここは名前のごとく瞑想するための山なのです。瞑想センターと静寂を約束された丘があります。ここから眺める夕日が美しいと聞いていたので、この街に来る前から夕方はここで過ごす、と決めていました。

  13

カリフォルニアらしい植物で囲まれた道を歩いて行くとその先に丘があり、そこで瞑想できるのです。

14

一日の終わりをこんな風に穏やかに過ごせて、今日一日を感謝する。

最近は娘たちも友人と過ごす週末の方が多くてなかなか家族で一緒にいることがなかったけれど、改めて週末を大切に過ごそうと決めた日でもありました。

 

 次回は10月19日(木)更新です。
お楽しみに!

 

Written by EMIKO
EMIKO

EMIKO HANAWA/1996年よりフランス語学留学のために渡仏。翌年、パリのモデルエージェンシーにスカウトされ、モデルデビュー。その後ドイツ人フォトグラファーと結婚、二児をもうける。2010年秋より、家族そろって米国ロサンゼルスに移住。現在は子供服とライフスタイルのコンセプトストア「nanamina」を立ち上げヨーロッパやニューヨーク、アジアにてグローバルにモデル、母、女性としての豊かなライフスタイルを提案。パリで学んだヨーロッパ薬膳とアメリカで流行中のスーパーフードを取り入れたメニューを提案する料理教室も人気を博すなど、各方面で活躍中。 Photo by Peter Augustin

»http://nanamina.com/

»この連載の記事を見る