甘酒は飲む点滴になる?ならない? ズルイ食べ方こぼれ話


話題の管理栄養士
足立香代子先生の最新刊
『医師が信頼を寄せる栄養士の
  糖質を味方にする ズルイ食べ方』
より、健康に関するこぼれ話を紹介。

 wanibookout

いつから言い始めたのかわかりませんが、

「甘酒は飲む点滴だ」

ということをおっしゃる方がいて、
私への取材でもインタビュアーさんが

「甘酒は飲む点滴で、
 点滴と同じような成分だから
 健康にいいんですよね」

などと聞いてきたりします。

甘酒は米麴と米と水を混ぜ、
発酵させて作った飲み物です。

7b2b952f4241f32a547681ebe0f65949_s

お米のでんぷん質が発酵により
ブドウ糖になったもので、
お酒ではなく、アルコールは含みません。

酒粕に砂糖と水を混ぜて
作ったタイプの甘酒には、
酒粕のアルコール分が少々含まれています。

インターネットで甘酒について
どのようなことが書かれているのか検索してみました。

甘酒は発酵の際にブドウ糖のほか、
ビタミンB1などのビタミン類、
オリゴ糖、食物繊維、
アミノ酸などが作り出され、
これは点滴に含まれている成分とほぼ同じなので、
「飲む点滴」と呼ばれていると書かれてありました。

効能として美肌効果、
便秘解消によるダイエット効果、
などとなっています。

しかし、点滴は
その目的によって成分は異なります。

甘酒が点滴と同じような成分
という記述自体がおかしく、
何より点滴に含まれる電解質
(ナトリウムなど)が含まれていません。

点滴は救命のために
投与されるものですから、
健康に良いからという理由で
投与されるものでもありません。

危険のないように1滴1滴と
ゆっくり時間をかけて投与される点滴を、
口からいっぺんに飲むことが、
どうして体に良いと言えるのでしょうか。

米麴から作る甘酒には、
いろいろな成分が
含まれているかもしれませんが、
圧倒的にブドウ糖がメインの
高カロリーな飲み物。

糖質の中でも消化吸収の早い
単純糖質ですから、
飲めば速やかに体にとり入れられ、
血糖値を急上昇させます。

「美容と健康に良い」
などと情報が流布されている現状は、
非常に残念です。

 

大好評発売中!
 医師が信頼を寄せる栄養士の糖質を味方にする
 ズルイ食べ方』

Written by nishikawa

»この連載の記事を見る