メイク動画連載「ヘアメイクアップアーティストyumiのplus1メイク」がスタートするyumiさんにインタビュー!


11月22日よりスタートする、メイクアップの動画連載「今すぐ旬顔になれる!ヘアメイクアップアーティストyumiのplus1メイク」を目前に、yumiさんのパーソナルに迫るインタビューをお届けします。

_ws12649

現在、ヘアメイクアップアーティストとして活躍されているyumiさん。なぜこの職業を選んだのか

私自身がずっとコンプレックスを抱えていたんです。ひどい癖毛や一重のまぶた、肌にも自信がなくて…。とにかくかわいく、キレイになりたくて、毎日コンプレックス解消に奮闘していました。

小学生のころからストレートパーマをかけて、朝ごはんよりもヘアスタイリングが最優先。高校生になって、つけまつげで二重を作るテクニックを知ってからは、毎日必ずつけまつげを付けていました。自分の目の形に合うつけまつげを追及したり、絶対に取れないノリのつけ方を編み出したり。アイラインで目を大きく見せようとしたり…。

ファッションよりも何よりも、ヘアメイクへの関心が強かったんですね。当時は自分のことばかり考えていましたが、ふと、他の人も同じようにコンプレックスを抱えているのでは?と思ったんです。そのコンプレックスを、私が解消してあげられたら…って。それがヘアメイクという仕事を志したきっかけです。

高校卒業後に徳島から上京し、ヘアメイクの学校で勉強しました。美容の知識が増えるにつれて、ヘアメイクをすることがどんどん楽しくなりましたね。

そして、1年みっちり学んでからヘアメイク会社に就職し、技術を実践で学び続けました。そのころはドラマや映画の撮影現場での仕事が多くて、それももちろん楽しかったのですが、私はファッションやビューティを表現する雑誌などの仕事をしたいと思っていたんです。

そんなときちょうど、ヘアメイクアップアーティスト・室岡洋希さんのアシスタントを募集しているという情報をキャッチして、すぐに応募しました。採用が決まった時は、またアシスタントからキャリアを積み直すことに少しだけ不安はあったのですが、美容の現場に入れるんだと本当にうれしくてワクワクしていましたね。

_ws12696

3年間フリーランスで活動、そしてやっと念願だった人気ヘアメイクアップアーティスト事務所・Three PEACEに所属することに

現在の事務所に所属してからは、何一つ迷いなく、仕事が人生と言えるくらい、ヘアメイクすることが楽しくて幸せでたまらない!

中でも、一般の方へのヘアメイクレッスンは、参加してくださったみなさまに喜んでいただけていることがダイレクトに伝わってくるので、最高にうれしいですね。

ヘアメイクレッスンにいらっしゃる方々は、たくさんの悩みを抱えていらっしゃるうえに、固定観念をお持ちなんです。

でも、コンプレックスを抱えている私自身が大人になって思うのですが、コンプレックスだからと言って隠そうとするのではなく、逆に生かすことを考えるといいんです。フェイスラインが気になるなら、そこはそのままにして目元にポイントを置くことで魅力的に見せる、とか。難しく考える必要はないんです。

それに今は色も質感も素敵なコスメがたくさんありますから。1アイテムを変えたり加えたりするだけでいいんです。その簡単さに気づいてぜひいろいろ取り入れてみてほしい。その日の予定や着る服、気分に合わせて、自分の顔を変えて楽しんでもらいたい。難しく考えないで、楽しんだ者勝ちです! 

メイクがくれる楽しさや幸せ感を、たくさんの人たちに届けていきたいです。

そんな私は、自他ともに認めるコスメおたく。先述のとおり1アイテムプラスすることでよりメイクがしやすくなったり、顔に変化が生まれたり。この連載では、そんなプラス1アイテムで今どきの“旬な顔”になれるをテーマに、メイクアップのステップをシンプルにお伝えします。
コスメおたくであり、そんなyumiさんが太鼓判を押すアイテムを投入した、プラス1メイクを提案します。

 

新連載メイク動画
今すぐ旬顔になれる!
ヘアメイクアップアーティストyumiのplus1メイク
11月22日(水)スタート!

 

PROFILE
yumi
ヘアメイクアップアーティスト(ThreePEACE所属)
ヘアーメイク室岡洋希のアシスタントを経て、2014年フリーのヘアーメイクとしてして独立。河北麻友子、知英(JY)、筧美和子、佐野ひなこ、アーティスト郷ひろみ、SILENT SIRENのヘアメイクも手がける。男女問わず、タレント・女優・アーティストのヘアメイクを中心に映像、雑誌美的・ViViなどさまざまなジャンルで活躍。2016年よりThreePEACE所属。
http://threepeace.co.jp/

 

Written by nishikawa

»この連載の記事を見る