【星の景色2018 ~上半期~】yujiさんが占う来年の運勢は?


12月25発売の『神さま手帖』。
人気ヒーラー・yujiさんが独自の目線で選んだ 、
日本全国にある最強の神社・88社をご紹介しています。
“あなたが本当に行くべき神社がわかる”タイプ診断表も収録。
年の初めに、あなたの「my神社」を参拝してみては?

新刊の発売を記念して、yujiさんに2018年の運勢を教えていただきました。
来年はどんな年になるのか、どう過ごせばいいのか。月ごとに星の景色を見てみましょう。

『神さま手帖』
yuji著
12月25日発売
1,400円(税別)
★予約受付中!

handbookofgods.indb

 

handbookofgods.indb

 

神社紹介のほか、コラムも多数収録!

 

【星の景色2018 上半期】

2018年を一言で表現すると、“本物が輝く年”になるでしょう。

星の動きを見ていると、2017年12月20日から3年間は、厳しい監督官が皆様の生活の根幹とか基盤を見守るガーディアンになります。責任、忍耐、そして熟成を暗示する星が動くことから、今までの影の努力や忍耐といったものが報われていくことに。
ただ、健康面では持病や数値の異常のある人は、症状が表に出てくることがあるかもしれません。
そして今年予見される2つのターニングポイントは、5月と11月です。
“革”という文字が暗示するその時期前後、大きな変化・変革も予見されます。ゴールデンウィーク頃と街中が紅葉と落葉の赤茶色に染まる頃、星々のフィルターで濾され、物事の真贋が試される動きが高まりそうです。

1月

山羊座に天体が集中する年初め、場所、テリトリー・家庭、仕事についての一人作戦会議が行われそうです。
今年の仕事の展開や目標設定をするには最適な時期。今年は監督官・土星が山羊座に帰還しているので、お正月中に今年の目標を決めてしまうのが良さそうです。
すぐに達成できるような目標ではなく、1〜3年ぐらいかかりそうな長期目標を設定することが、“土星”を味方につけるコツといえるかもしれません。

2月

スピリチュアルなもの、マインドやワンネスをうたったものにフォーカスがあたりやすい時期です。
社会的にもそういった世界観がもてはやされやすい時期でもありますが(木星蠍座期間)、個人レベルでも霊的世界にギアが入りやすい期間です。シンクロニシティーやありえないような偶然の再会など、星々からの導きがあるかもしれません。
この時期にきた仕事や、部署・担当・配属の変化などは損に見えても乗ってしまうが吉。風の吹くままに進むことが開運の鍵になるはずです。

1 2
Written by yasuda

»この連載の記事を見る