ひんやり冷たいおやつ

ひんやり冷たいおやつ


例年よりも3週間も早く梅雨が明けてやってきた今年の夏。早くもじりじりと肌を差すような日差しに体感温度もどんどん上昇。冷たいものを取らなくてはやっていられない。

汗をぷりぷりかきながら帰宅したとき、ひんやりクールダウンできる冷たいおやつがあるとうれしいものだ。家で作るおやつなのでめんどくさいこと、難しいことは一切したくない。季節のフルーツに市販のアイスクリームやシャーベット、簡単にできるゼリーや杏仁豆腐、白玉などを組み合わせて冷たいスイーツを楽しんでいる。

       img_8105

冷蔵庫にいつもストックしているのがハーゲンダッツのバニラアイスクリームとカスピ海ヨーグルトやギリシャヨーグルトなどの水気の少ないタイプのヨーグルト。これらを涼しげなガラスの器に入れて、ジャムをひとたらしして、好みのフルーツを飾ればお店顔負けのパフェがあっというまに完成。

img_2558

家で作るパフェのいいところは、好きなものを好きなだけ使えること。コーンフレークなどの嵩増しを使わずに、旬のフルーツを存分に楽しめるのがいい。夏のあいだのお楽しみ、瑞々しい桃も丸ごと一個使うことも可能なのだ。我が家では毎年、山梨にあるマルミツ農園の桃を旬の時期に品種を変えて何度も取り寄せしている。収穫したての果汁したたるやつを口いっぱいに頬張る幸せといったら!

バニラアイスと組み合わせするのもいいけれど、半分に割って、無糖ヨーグルトとはちみつをたらして白い世界を楽しむのも素敵だ。

img_1394

ほかにもひとくち大に切った桃にホワイトバルサミコをかけて、マスカルポーネチーズをスプーンですくってぽんぽんと置くだけでも最高に美味しい。おやつにはもちろん、朝食にもおすすめだ。夏の間は手を変え品を変えて桃を楽しみつくしている。

img_1295

ちなみにデザート作りに欠かせないハーゲンダッツのアイスクリームは固めなので溶けにくい割に口どけがいいのでとても使いやすい。いちばん小さなサイズを買っておくとひとり分を作るのに便利だし、一度に使い切れるのでいつも美味しい状態を楽しめる。

コーヒーゼリーにはもちろん、アイスコーヒーやコーラと組み合わせればフロートになる。あんこと白玉に添えたり、きなこを振って黒蜜をかければ和スイーツに。バナナをプラスするのもおいしい。ハーゲンダッツのバニラアイスはクセがないので本当に便利に使えるのでおすすめだ。

img_7759

桃と並んで夏のフルーツで欠かせないのがスイカだ。シャキシャキとした歯触りが楽しく、甘いジュースがいっぱい。緑と黒のストライプが鮮やかな皮の内側に種の黒が点々と散った真っ赤な果肉というビジュアルも自然のものとは思えないポップさ。冷蔵庫に冷えていると思うだけでにんまりしてしまう。

よく冷やしてそのままかぶりつくのがいちばんかもしれないが、杏仁豆腐と組み合わせるのが気に入っている。杏仁豆腐は聘珍樓が出している熱湯と牛乳を混ぜるだけでできる粉末状のものがおすすめだ。あまりにも簡単にできるのに、杏仁の香りもちゃんとする本格派。

小さめのボウルで作ってそのまま冷蔵庫で冷やし固め、好きなだけスプーンですくって、付属のシロップを水で薄めて注ぐ。そこに角切りにしたスイカを浮かべてシャリシャリとプルプルのコントラストを楽しむのが夏らしくて最高においしい。ちなみに杏仁豆腐は具なしでシロップとたっぷりめのレモン汁だけでもさっぱりとしてデザートにぴったり。

img_5643

スイーツではないけれど、スイカとブルーチーズの組み合わせも思いもよらない相性のよさ。ライクライクキッチンの小堀先生に教えていただいたレシピなのだが、スイカの甘さとブルーチーズのしょっぱさが絶妙で病みつきになる美味しさ。仕上げにオリーブオイルをひとまわりすれば夏にぴったりの一品に。
甘じょっぱマニアの方にぜひとも試していただきたい。

img_7412

 

*次回は8月13日(月)更新予定です。

 

『arikoの食卓』

 『arikoの食卓 -もっと食べたい-』

『arikoの黒革の便利帖』
ariko%e3%81%ae%e9%bb%92%e9%9d%a9%e3%81%ae%e4%be%bf%e5%88%a9%e5%b8%96%e5%b8%af%e3%81%82%e3%82%8ar

Written by ariko
ariko

CLASSY.、VERY、HERSなどの表紙やファッションページを担当する編集ライター。日々の食卓をポストしているInstagramが、センスあふれる美味しそうな写真と食いしん坊の心を掴む料理で話題に。現在、フォロワー数は98000人を突破。Instagram@ariko418

»https://www.instagram.com/ariko418/

»この連載の記事を見る