普段あいさつをしない人に、あいさつをする

普段あいさつをしない人に、あいさつをする


「一日一善」それは
幸せへの近道

「一日一善」と聞くとなんだかかしこまってしまう。
「情けは人のためならず」と聞くと、自分に返ってくるモノを期待してしまう。

あれ? 善いことをするって、そんなに難しいことだっけ?
誰かを喜ばせるって、そんなに大変なことだっけ?

いつからだろう。僕たちが誰かを笑顔にすることに照れてしまうようになったのは。

僕たちが嬉しいのは、誰かが怒っている時じゃない。
僕たちが嬉しいのは、誰かが笑っている時だ。
世界中のどんな人だってそうだ。あなたが笑顔になるのは、誰かが喜んでいる時。

きっと難しいことでも大変なことでもない。ほかの誰かを喜ばせて、自分を喜ばせよう。一日一善ならできる。一日一善ならできる!
こうしてこの連載はスタートすることになりました。

あ、挨拶が遅れました。どうもこんにちは、クスドフトシです。
僕は今、自分のブログ(『世界はキミのためにある!』)やトークショーといった形で、読者の皆さんに、 日々の中で幸せを見出すための方法をお伝えしています。

“幸せ”といっても何もそんなに小難しいものではありません。

―大好きなプリンを食べた。
―大好きな彼(彼女)の顔を見れた。声を聞けた。
―今日はお休み。友達とお茶して、なんでもない話で盛り上がった。
―陽だまりの午後、ゆっくりと昼寝をした。
―子どもと公園で一緒に遊んだ。

こんな風にしてあなたがほんのちょっと 意識するだけで
”幸せ”はそこら中に転がっています。

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_m

でも、もっと幸せな気持ちになるのは、
あなたが誰かを喜ばせた時、 誰かの笑顔を見た時です。

そうやって、周りの誰かと一緒に喜びを分かち合った時、
与えた喜びがブーメランのように 自分にも返ってくるようになっています。

ぜひ、この連載で紹介していく“一日一善メソッド”で、
意識的に、ほかの誰かを喜ばせてみませんか? 笑顔にしてみませんか?

メソッドといっても、決して難しいことはありません。
ほんのちょっと、1分もかからないものばかりです。
24時間のうちのたったの1分で、
きっと、あなたの心は 「良いことをした!」という幸福感で包まれることでしょう。

第1回のテーマは
「あいさつ」!

168554

それでは今回、あなたにご紹介する誰かを喜ばせる方法にうつりましょう。
それは【普段あいさつをしない人に、あいさつをする】です。
「【あいさつをする】? そんな単純なことで相手は喜ぶの?」なんて斜に構えず、
気軽な気持ちでお願いしますね。

それは例えば、あなたが買い物をする時に接客してくれた店員さんかもしれない。

それは例えば、会社で黙々とフロアを掃除してくれている清掃員の方かもしれない。

それは例えば、荷物を届けてくれる宅配便の方かもしれない。

あなたが大切にしている家族、友達、恋人、学校や会社での仲間、先生、上司。
さすがに、そういった人たちにはあいさつをしていることでしょう(してますよね?笑)。

でも僕たちが日々、こうして何事もなく過ごせているのは
あなたが普段、意識しないような “影で支えている人たち”がいるからこそです。

そして、その人たちにもまた大切な家族、友達、恋人がいます。
その人たちが少しでも笑顔になれば、
その人に関わる人たちもまた笑顔になっていきます。
幸せそうな顔を見れば自然と周りにも伝染していくものですからね。
そうして、その幸せな気持ちが回り回ってあなたに返ってきます。

直接関係のある人を喜ばせようと思うと、
ついつい見返りを求めてしまうもの。
でも、あなたが普段関わりのない人なら、
きっと見返りを求めないことだと思います。

「おはようございます!」
「こんにちは!」
「こんばんは!」
「いつもお疲れ様です!」
「ありがとうございます!」

時間もお金も何も必要ありません。
あなたができるほんのちょっとの一善。
それが【普段あいさつをしない人にあいさつをする】こと。
相手を思いやるその気持ち。
それこそが自分を幸せにする近道です。

 

●ブログ『世界はキミのためにある! 』
http://ameblo.jp/kusudofutoshi/

 

Written by kusudofutoshi
kusudofutoshi

クスドフトシ 1982年大阪府生まれ。20代の頃、「仕事」も「恋愛」も「人間関係」もうまくいかなくなり、家に引きこもり、ニートになり、うつ状態になり、死にたいとさえ思うようになる。そんな自分を卒業するため、無意識(潜在意識)やあらゆる思考法に出会い、 「心」と「体」両方からアプローチすることで人生を好転させる独自のメソッドを開発する。 自らも実験台となり、人生がうまく展開するようになる。 2012年・自分を変えることができたメソッドの数々で、たくさんの人を幸せにしたい! と決意し、ブログ『世界はキミのためにある! 』をスタートさせる。ブログ内では「心」の話、ちょっとタメになる話、くだらないけど笑える話、泣ける話、潜在意識の話などを中心に、読者と共に作り上げる『知的エンターテイメント』なブログを展開中。そのかたわら、全国トークショーにて、たくさんの人に癒しや笑い、そして気づきを届けている。 初の著書『無意識はいつも正しい』(小社刊)は、現在5万部突破!

»http://ameblo.jp/kusudofutoshi/

»この連載の記事を見る