豆腐と納豆とにらの春巻き

豆腐と納豆とにらの春巻き


今日のにらのレシピは春巻きです。

春巻きって、つややかなきつね色をしていて、見るからに美味しそうですよね。
ぱりぱりとした食感も大好きです。

でも、具材を炒めてとろみをつけて、
それを冷まして巻いて、更に揚げるという工程の量。
ちょっと面倒で、手が出せない料理かもしれません……。

今日は、事前に火を通す必要のない具材で、
巻いて揚げるだけの簡単な春巻きレシピを紹介します。

豆腐と納豆とにらの春巻き
豆腐と納豆とにらの春巻き
材料
(2人分)
にら…1/3束
木綿豆腐(30分程水きりをしておく)…1/2丁
納豆…1パック
醤油…小さじ1
春巻きの皮…6枚
揚げ油(米油)…適量

1.にらは1㎝幅に切る。木綿豆腐は6等分に細長く切る。
2.納豆、にら、醤油をよく混ぜる。
3.春巻きの皮に豆腐と2を包み、巻き終わりを水溶き小麦粉(分量外)でとめる。
4.深めのフライパンに1センチ程の油を熱し、3を両面色よく揚げる。

木綿豆腐はしっかり水きりをしてください。
時間がない場合は、キッチンペーパー等で包んで耐熱皿にのせ、
電子レンジ(600W)で2~3分加熱すると、手早く水きりすることができます。

おすすめ調理アイテム紹介
野菜の洗剤
野菜の洗剤
ホッキ貝殻100%の除菌剤「安心野菜」と、
ホタテの貝殻の海の野菜洗い「ホタテの力くん」です。
どちらも貝殻をパウダー状にした洗剤で、水に溶かして野菜等を洗うのに使います。
残留農薬やワックスの汚れを浮かせるので、
ブロッコリーのような洗いにくい野菜や、
リンゴのように皮つきで食べたい野菜や果物に使用しています。
ハーブや、ベビーリーフのような痛みやすい葉野菜も、
野菜の洗剤で一度洗ってから水けをきって保存しておくと長持ちするので、
すぐに食べられない野菜は、まとめて洗っておくといいですよ。

『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る