豚肉とにらのピカタ

豚肉とにらのピカタ


今日は、卵と粉チーズの衣をつけて、
ふんわりと焼きあげるピカタを作りました。

ピカタには、刻んだパセリを卵液に入れることが多いのですが、
今回は代わりに刻んだにらを入れました。

チーズとにらの香りがふわりとします。

豚肉とにらのピカタ
豚肉とにらのピカタ
材料
(2人分)
にら…1/3束
豚薄切り肉…100g
小麦粉…大さじ1
A 卵…1個
  粉チーズ…大さじ1
オリーブオイル…大さじ1

1.にらは2㎝幅に切る。豚肉は半分に切り、小麦粉をまぶす。
2.ボウルににらとAを入れて混ぜる。
3.フライパンにオリーブオイルをしいて熱し、豚肉を2にくぐらせて並べる。にらが均等につくようにして、両面うすく焼き色がつくまで焼く。

冷めても美味しい一品です。
遅く帰ってくる家族のために、作り置きをしておくにもおすすめです。

ついつい中華風の料理になるにらですが、
たまにはイタリアンなレシピでどうぞ。

おすすめ調理アイテム紹介
サヴァ缶
サヴァ缶
岩手県で作られている、国産サバのオリーブオイル漬けです。
とてもシンプルな味付けなので、温かいご飯にのせて醤油をひとたらし、
マヨネーズと合わせてサンドイッチに、にんにくと炒めてパスタの具材に………など
様々な料理に使える優れた缶詰です。
もちろん、そのまま食べても美味しいです。
フランス語で『Ca va?(サヴァ)』は「元気?」の意味。
サバと「Ca va?」を掛け合わせたパッケージもかわいいですね。

『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る