プロフェッショナル【情報の翻訳家・五百田達成さん】


ようこそ日本一不幸な学校へ。

 

こんな背筋も凍るような、おぞましい一文から始まる本。

『アラン先生と不幸な8人』

 

IMG_5825

シリーズ累計27万部突破の『察しない男 説明しない女』の著者、五百田達成さんに書いていただいたエンタメ小説で、昨年の10月に発売して以来、とても好評をいただいている一冊です。

 

 *********************************

【物語のあらすじ】

――時は、20XX年(まだそんなに遠くない未来)。
経済悪化が進んだことで、この国は、不幸な国民だらけになってしまった。
そんな状況を打開するため、政府が打ち出したのが『他人の不幸は甘い蜜政策』だ。
自分よりも不幸な人々の姿をテレビで放送し、見せつけることで、
「それに比べれば自分はまだ幸せだ」と国民を納得させ、幸福度を上げようというのだ。
こうして日本全国から指折りの「不幸な高校生」が集められ、“日本一不幸な学校”が設立された。

                これは、そんな不幸な運命にある7人の生徒たちと、
               新たにこの学校に赴任してきた、奇妙な先生による物語である。 

アラン本 最終原稿-8アラン本 最終原稿-9

 

*********************************

 

 

どうですか? あらすじだけでも、ちょっと読みたくなってきませんか?
もっと読みたくなってもらうために、もう少しがんばりたいと思います。 

この本を書いていただくにあたって五百田さんには、哲学者・アランになりきっていただくべく、実は、アランの『幸福論』を再度みっちり復習いただきました。

この復習、「世界三大幸福論」の1つと言われるだけあって、ひとすじなわではいきません。

書店に行ってびっくり。

ページ数が600ページもある!!

 

IMG_5819

すごくないですかこの分厚さ。

もう常人なら読みたくなくなるレベルじゃないですか?

IMG_5826 

※フリーペーパー比

普通、200ページぐらいの本が多いわけですから、冊数にして約3冊分です。

そんな辞典レベルの哲学書を、この本では、情報の翻訳家として活躍される五百田さんにアランの教えの濃ゆさはそのまま、それでいてギャグ満載で笑えて、泣けるところもあって、さらにオリジナルの突き刺さる名言なんかもあって、ページ数もなんと……

250ページにまでドリップいただきました。

 

IMG_5827

 

どうですか、いよいよ書店に出かけたくなってますか?

ではいよいよトドメを刺したいと思います。

 

見てください。

復習のためとお渡しした、アランの『幸福論』にこんなにもたくさんのポストイットが!

※ここからはポストイットのいろいろなアングルをお楽しみください。 

 

IMG_5824 IMG_5822IMG_5823 IMG_5821 

もちろんこのポストイット、五百田さんの仕業です。

 

「さすが」のひと言で、著者と編集者という関係性を超えて、1人の人間として尊敬の域に達しました(こんなに1つのことに向き合えるなんて)。

ヒット本をたくさん出されているだけあって、プロフェッショナルは一味もふた味も違いますね。

五百田さん! またぜひお仕事ご一緒させてください!!

今まで分厚すぎてアランの『幸福論』を避けていた方はこの機会にぜひ。

たった、250ページで、アランの全て+αが学べます。

 

岸田