たけのことたらの芽の揚げ焼き

たけのことたらの芽の揚げ焼き


こんにちは。

たけのこは鮮度が大切な野菜です。
太くて短いもの、
先が開いていないもの、
根元のぶつぶつが少ないものを選び、
購入したその日にゆでてあく抜きをしておきます。

今週のたけのこレシピは、揚げ焼きです。
一緒に旬の山菜も揚げました。
たらの芽は水で洗って、揚げる前には水けをしっかりふき取ってください。

たけのことたらの芽の揚げ焼き
たけのことたらの芽の揚げ焼き
材料
(2人分)
たけのこ(ゆでたもの)…1/2本(100g)
たらの芽…6個
揚げ油(米油)…適量
木の芽、塩…適量

1.たけのこは大きめのくし型に切る。たらの芽は根元のはかまを取り、根元に十字に切り込みを入れる。
2.フライパンに多めの油をひき、1を揚げ焼きにする。
3.2の油をきって皿に盛り、塩を振る。木の芽をたたいてのせる。

香りを出すために、木の芽は手の平にのせて、両手を少し丸め、
手の平の間の空気で、「ぽんっ」と音をさせるようにたたきます。

木の芽は「たたく」と言いますが、
本当に手の平でたたいたら木の芽がちぎれてしまうので気を付けてくださいね。

おすすめ調理アイテム紹介
ろく助旨塩
ろく助旨塩
茨城県東洋食品の「ろく助白塩」は、
あら塩に、干椎茸・昆布・干帆立貝の旨味がついています。
肉、魚、野菜、どんな料理にも使えますが、一番のおすすめは塩おむすびです。
最近はおむすびの具材がどんどん豪華になって、むすびきれずにはさむスタイルの「おにぎらず」も流行っていますよね。
そんな豪華なおむすびも楽しいのですが、きらびやかなおにぎりの中でひっそりと存在を残している塩おむすびを、久しぶりに召し上がってみてください。

『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る