トロフィーワイフになりたい!!

トロフィーワイフになりたい!!


「でも本当の復讐はそいつらよりVIPになるしかないじゃーん!!!」

「そうなのよ」
「それで石油王のトロフィーワイフ?」

「そうよ、ベルサイユ宮殿みたいなベビーカーにベビー乗せて、ハーバートの幼稚舎に入れて、休みはドバイのコンドミニアムに行くから、みたいなね!いいから紹介してよ!石油王!ジョージ・クルーニーみたいな見た目の石油王!」

「医者行く?」

「……芋焼酎まだっ!?」

「あんたの彼、例の30代のSEだっけ?」
「うん…」
「不満なの?」
「それは…まあ不満は人並にあるけど、その人自体は悪い人じゃないのよね。
今まで付き合ってきた男のほうがクソ野郎だったし」

「それでも他の女に負けたくないって話ね」

「そんな女ばっかりだからね。あいつら私が30代の冴えない普通のSEと付き合ってるって聞いたら絶対心の中で笑うからね」

「イケメンでも?」

「イケメンなら勝てるけど、彼見た目も普通だし」

「巨根で絶倫って言っとけば?」
「やめなさい」
「勝ちよね」
「まあね」
「でもそっちも普通なのね」
「まあね…うるさい!」

「どうでもいいけど、こんな女子会くらいで荒れてたらあんたその男に捨てられるわよ」

「え?!何で?!こんなの普通じゃん!」

「彼は何も悪くないのに、あんたは不満なわけでしょ?」

「うっ」

「しかも、チャンスがあればもっとハイスペックな男に乗り換えたいと思ってるわけでしょ?」

「だって~」

「他の女達に勝ちたいからね」

「見下してんだよ、あたしのこと!ムカつくに決まってんじゃん!」

「要するに今の男を愛してないのよね」

「!!!!!!!!!!」

1 2 3 4
Written by yamadareiji
yamadareiji

山田玲司(やまだ・れいじ)/漫画家 1966年東京都生まれ。20歳で漫画家デビューし、恋愛のマニュアル化を風刺した『Bバージン』で一気にブレイク。近年は“モテ”の絶対理論を語った注目作『モテない女は罪である』を発表。大人の恋愛サイト「AM」で様々なケースの恋愛相談を受けるなど、「いったい男は何考えてんの?」の問いに答えられる稀有な存在となる。著名人との魂の対談漫画『絶望に効く薬』シリーズや、『非属の才能』(本屋大賞、中2賞受賞)といった新書でも知られる。「山田玲司のヤングサンデー」(ニコニコチャンネル)、「スーパースーパーブルーハーツ」(クラブサンデー)連載中。

»http://yamada-reiji.com/

»この連載の記事を見る