焼きパプリカとアボカドのナムル

焼きパプリカとアボカドのナムル


こんにちは。

今日はピーマンの仲間のパプリカを使ったレシピを紹介します。
パプリカはピーマンに比べて苦みがなく、肉厚で甘い野菜です。

まるごと真っ黒になるまで焼けば、皮がつるりとむけて、
より一層甘くなりますよ。

済み 焼きパプリカとアボカドのナムル
焼きパプリカとアボカドのナムル
材料
(2人分)
パプリカ(赤・黄色)…各1個
A ごま油…大さじ1
  塩…ひとつまみ
  醤油、にんにく(すりおろす)…各少々
アボカド…1/2個
大葉(千切り)…3枚分
醤油、白炒りごま…各小さじ1

1.焼き網を熱してパプリカをのせ、位置を変えながら皮が真っ黒になるまで焼く。冷水にとって焦げた皮をむく。縦半分に切ってヘタと種を取り、水けをふいて食べやすい大きさに切る。Aをあえて冷蔵庫でしばらく冷やす。
2.アボカドは種を取り、スプーンで一口大にすくい取るように皮からはずし、1に加える。大葉と醤油、白炒りごまを加えてあえる。

焼き網がなければ、パプリカに直接フォークをさして、
コンロの直火にあてて焼いてもいいです。

フォークをゆっくり回転させて、真っ黒になるまで焼いてください。

調理の学校に通っていた頃、イタリア人のシェフがそんなふうに、
鼻歌交じりでパプリカを丸焼きにしていたのを思い出して、たまに真似しています。

でも、パプリカは結構重くて手が疲れてくるので、
「結局、焼き網があるのがベストだなぁ……」と半分くらい焼いた頃に思い始めます。

くれぐれもやけどしないように気をつけてくださいね。

おすすめ調理アイテム紹介
済み オリーブオイル
辛くてさらっとした大人のオリーブオイル「ファースト デイ オブ ハーベスト」
スペインの、カスティージョ・デ・カネナ社が栽培、収穫しているオリーブオイルは、オリーブの実の状態が最良の日を選び、収穫初日のオリーブを収穫後4時間以内に絞っているそうです。
仕事先でいただいたのがこのオリーブオイルとの出会いですが、自分で購入するとなると、とってもいいお値段に少しひるんでしまいます。
良いオリーブオイルは健康にもいいので、サラダやあえものにかけて使っています。
トマトとモッツアレラチーズのカプレーゼにかければ、バジルが必要ないくらいに良い香りがします。

『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る