雨の日のおしゃれ

雨の日のおしゃれ


——————————————————————————
季節ごとの小さな幸せ、家族と楽しむ年中行事。
杉浦さやかさんがスケッチする折々の暮らし。
——————————————————————————   

JUNE

sugiurasayaka001

雨の季節がやってきました。
なんだかんだ、
7月の半ばまで一ヶ月以上も続く梅雨。

憂鬱な気分でいるのもはったいないので、雨の日も気持ちが明るくなるおしゃれをしたいもの。
ボトムスは汚れが目立たない、
裾が短めのものを選ぶとして、
トップスは白やパステルカラーなど
明るい色を身につけて
さわやかに過ごせるように心がけています。
ポイントになるのは、やっぱり傘と足もと。

傘はもう……今までの人生で、
一体何本なくしてきたことでしょう。
数ヶ月前にもお気に入りの水玉の傘をなくしてしまい、しばらくビニール傘で過ごしていたところ。
5千円までで好みの傘を……と探してみたのだけど、これがなかなか見つからない。

そして自分の年齢を思うと、やっぱり一本くらいは
ちゃんとした傘が欲しくなり、
久しぶりにちょっといいものを買いました。

手持ちのレインシューズがトラッドな形なので、
それに合いそうなチェック柄を探して。
さぁ、今度こそなくさないぞ。
常に携帯用の傘袋に入れて、
お店の中にも持って入るようにすれば、
忘れないかな?

sugiurasayaka002

足もとはレインシューズか、
大雨のときはやはり長靴。

今はレインシューズもたくさんのデザインが並び、
サイドゴアブーツにパンプス、スニーカー、晴れの日と変わらないおしゃれを楽しむことができます。
ゴム製だとお値段もかわいく、つい欲しくなってしまう。

ロングブーツはもう持っているのに、
友達が履いていた「日本野鳥の会」のおりたためるブーツが軽くてかわいくて……。
物欲と、闘い中。

お気に入りの雨の日アイテムがあると、
おしゃれも外出もうんとやる気が出て、
雨の日が待ち遠しくなるのでした。

 

*次回は6月24日(金)更新予定です。

Written by sugiura sayaka
sugiura sayaka

杉浦さやか(すぎうら・さやか)/1971年生まれ。日本大学藝術学部美術学科卒。大学在学中の1993年よりフリーのイラストレーター。 独自のタッチと視点で描くイラストエッセイが人気を博し、街歩き、旅、映画、おしゃれなど様々なテーマで執筆。『週末ジャパンツアー』『上海を歩こう』『はじめてのハワイ』(小社)、『スクラップ帖のつくりかた』(KKベストセラーズ)、『レンアイ滝修行』(祥伝社)、『うれしいおくりもの』(池田書店)、『おきにいりと暮らす ABC』(白泉社)など著書多数。最新刊は『マーマリング・トーク おしゃべりなつぶやき』(二見書房)。

»https://twitter.com/saa_aya

»この連載の記事を見る