とうもろこしとみょうがのかき揚げ

とうもろこしとみょうがのかき揚げ


こんにちは。

お店で見かけるとついつい頼んでしまうのが、
とうもろこしのかき揚げです。

まん丸だったり、桂むきされて粒が繋がっていたり、
いろいろな揚げ方があり、それぞれに魅力があります。

今日はひたすら簡単に、天ぷら粉も卵も使わずかき揚げにします。

済み とうもろこしとみょうがのかきあげB
とうもろこしとみょうがのかき揚げ
材料
(2人分)
とうもろこし…1本
みょうが…1個
A 小麦粉…大さじ4
  片栗粉…大さじ1/2
冷水…大さじ1~2
揚げ油(米油)…適量
塩…適量

1.とうもろこしは粒を包丁でこそげ落とす。みょうがは小口に切る。
2.ボウルに1を合わせてAをまぶす。具材がまとまるように冷水を加えてよく混ぜる。
3.揚げ鍋に揚げ油を1㎝ほどそそいで熱し、2を6等分して、スプーンですくい入れて揚げる。固まったら裏返して両面揚げる。
4.器に盛り、塩をそえる。

とうもろこしを包丁でこそげる際は、どうぞ大胆にこそげてください。
粒の根元は芯に残っていて大丈夫です。
その方が、口当たりのよいかき揚げに仕上がります。

芯についた残りは、包丁の背(又はスプーン)で軽くこそげると、
汁けだけ取れますので、具材と一緒に混ぜてください。
その汁けで具材がまとまりやすくなります。

おすすめ調理アイテム紹介
済み 懐紙
懐紙(かいし)
お茶会等で、着物の懐にはさんで持ち歩く紙です。
茶道以外ではなかなか使うことがなさそうですが、意外と自宅でも使えます。
小さくて取り出しやすいので、食器棚に忍ばせておきます。
お茶菓子をいただくときはもちろん、揚げ物の下に敷いて使ってもいいですね。
大福のように粉が飛び散るものをいただくときは、懐紙を広げて使います。そのまま、まるめて捨てられるので気楽に使えます。
ずらして折る場合は、写真のように、右手前をひくようにしてください。反対に折ると弔辞用です。

『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る