7月 巡りをよくして代謝を高める「らっきょうツナパセリ飯」

7月 巡りをよくして代謝を高める「らっきょうツナパセリ飯」


 

————————————————————————
いつものごはんにのっけるだけ。
 季節のお悩みに合わせた一膳のごはんレシピ。
————————————————————————

すべての食べ物には効能があります。
いつもの食材を体調や気になる悩みに合わせて摂ることで、様々な不調に働きかけ、
少しずつ、確実に、体の中から整えていくことができるのです。

クーラーのきいた部屋で長時間過ごしたり、冷たいものを取りすぎたりすると、
体が冷えて、体液の巡りが悪くなります。
その結果、足がむくんだり、だるさを感じたり、
内臓機能が鈍って太りやすくなってしまうことも。
体を温め、代謝を高めるパセリとらっきょうを食べて解消しましょう。

 

◆◆◆本日の一膳◆◆◆

7月 巡りをよくして代謝を高める
らっきょうツナパセリ飯

20160720 おくすり飯7
【材料(1膳分)】
ごはん…茶碗1膳
パセリ…1枝
らっきょう(瓶入り小粒)…4粒
ツナ缶…小1/2缶
マヨネーズ…小さじ2

【作り方】
1.パセリは葉先をざく切りにし、らっきょうは半分に切る。
2.ツナ缶を缶汁を切らずに1と混ぜ合わせ、マヨネーズで和える。
3.茶碗にご飯をよそい、2を盛り付ける。

【おくすりMEMO】
パセリ : 体を温める・巡りをよくする
らっきょう : 体を温める・心に効く・デトックス

 パセリは血行をよくするので、
手足などの末端の冷えや乾燥肌、寝ているときに足がつるなどの症状を改善します。
また、体温を上げるのでしっかり燃焼できるようになり、老廃物を排出できて、
肌荒れも起こりにくくなります。
肌のくすみにも効果が。

らっきょうは「気」の巡りをよくする効果もあり、
イライラ、憂うつ、肩凝りなどの不調にもおすすめです。

 

大好評発売中!
『おくすり味噌汁114』

『おくすり常備菜130』

 

Written by otomo ikumi
otomo ikumi

大友 育美(おおとも・いくみ)/フードコーディネーター・国際中医薬膳師。高知県生まれ。自然食レストランで調理の仕事を経て、現在はフードコーディネーターとしてNHKをはじめとするTV、書籍、雑誌、web、広告などで幅広く活躍中。家にある食材で手早く作れる、体にやさしい料理が好評。国立北京中医薬大学日本校で国際中医薬膳師の資格を取得。著書に『おくすり味噌汁114』『おくすり常備菜』(ともに小社刊)。

»この連載の記事を見る