8月 消化力をアップする「貝割れ牛飯」

8月 消化力をアップする「貝割れ牛飯」


————————————————————————
いつものごはんにのっけるだけ。
 季節のお悩みに合わせた一膳のごはんレシピ。
————————————————————————

すべての食べ物には効能があります。
いつもの食材を体調や気になる悩みに合わせて摂ることで、様々な不調に働きかけ、少しずつ、確実に、体の中から整えていくことができるのです。

暑さ疲れで気の巡りが悪くなり、食欲不振に…。
こんな状態が続くとスタミナ切れでバテてしまいます。
消化がよくエネルギーをチャージしてくれる牛肉で、だるくて疲れやすくなった体を元気にしましょう。

 

◆◆◆本日の一膳◆◆◆

8月 消化力をUPする
貝割れ牛飯

20160803 おくすり飯8
【材料(1膳分)】
ごはん…茶碗1膳
玉ねぎ…1/4個
貝割れ大根…適量
サラダ油…小さじ2
牛こま切れ肉…80g
A水…大さじ2
 醤油…大さじ1
 はちみつ…小さじ2

【作り方】
1.玉ねぎはくし形に切り、貝割れ大根は根元を切り落として、ざく切りにする。
2.フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒める。牛肉を入れて色が変わるまで炒め、Aを加えて煮絡める。
3.茶碗にご飯をよそい、2と貝割れ大根を盛り付ける。

【おくすりMEMO】
牛肉 : 消化を助ける・エネルギーを補う・巡りをよくする
玉ねぎ : 消化を助ける・体を温める・巡りをよくする
貝割れ大根 : 消化を助ける・巡りをよくする

牛肉は「補いながら巡らせる」ことができる、とてもバランスのよい食材です。
胃腸の働きを整えて、倦怠感を解消し、元気にしてくれます。
貧血を予防し、肌の色つやをよくする効果もあります。

玉ねぎは胃の気が逆流するのを防ぎ、吐き気、胃もたれ、げっぷ、しゃっくりなどを改善します。
また、気と血の巡りをよくする食材でもあるため、ニキビを防ぎ、むくみに効果的です。

貝割れ大根は消化を促進するので、胃もたれや便秘のときに。
気を巡らせ、ストレス、イライラも緩和します。

はちみつは胃腸を丈夫にし、胃痛を緩和するので、胃腸の調子が悪いときには積極的に取り入れて。

 

大好評発売中!
『おくすり味噌汁114』

『おくすり常備菜130』

 

Written by otomo ikumi
otomo ikumi

大友 育美(おおとも・いくみ)/フードコーディネーター・国際中医薬膳師。高知県生まれ。自然食レストランで調理の仕事を経て、現在はフードコーディネーターとしてNHKをはじめとするTV、書籍、雑誌、web、広告などで幅広く活躍中。家にある食材で手早く作れる、体にやさしい料理が好評。国立北京中医薬大学日本校で国際中医薬膳師の資格を取得。著書に『おくすり味噌汁114』『おくすり常備菜』(ともに小社刊)。

»この連載の記事を見る