オクラとひじきのナンプラー白和え

オクラとひじきのナンプラー白和え


こんにちは。

今月の旬の野菜は、オクラです。

海外から輸入されたオクラや一部の国産オクラは、年間を通して販売されていますが、
最も出回るのは夏の時期のため、国産のオクラが安価で購入できます。

大きすぎると筋があったり、種が固かったりしますので、
小さめ~中くらいのサイズがおすすめです。

今日は、和食の基本の白和えを、
出汁を使わずにナンプラーの風味で作りました。

修正済み オクラとひじきのナンプラー白和え
オクラとひじきのナンプラー白和え
材料
(2人分)
オクラ…10本
芽ひじき(乾燥)…7g
木綿豆腐…200g
ごま油…小さじ2
白炒りごま…大さじ1
A 醤油、ナンプラー…各小さじ1/2
  塩…ひとつまみ

1.オクラは塩少々(分量外)をふり、うぶ毛をこすり取る。ヘタの先を少し切り落としてガクの部分をぐるりと切り取る。芽ひじきは水で戻し、よく洗って水けをきる。
2.木綿豆腐はキッチンペーパーで包み、電子レンジ(600W)で40秒加熱して水けをきる。そのまま手で押して水けをしぼる。
3.鍋に湯を沸かしてオクラを1分30秒程茹でてざるにあける。粗熱が取れたら1㎝幅に切る。
4.フライパンにごま油を熱し、芽ひじきを1~2分炒める。
5.すり鉢に白炒りごまを入れてすり、2とAを加えてする。3と4を加えてあえる。

豆腐を包む際は、キッチンペーパーを二枚重ねて使うと、そのまましぼっても破けません。

オクラはざるにあけたら、重ならないように広げて冷まします。
水っぽくなるので水にとる必要はありません。
粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて冷やすと、退色せずにきれいな緑色を保つことができますよ。

すり鉢がない方は、木綿豆腐をざるでこす、木べらでつぶす、等でもかまいません。
多少豆腐が粗くても、オクラの粘りけが全体をうまくまとめてくれます。
その場合は炒りごまでなく、すりごまを使ってくださいね。

おすすめ調理アイテム紹介
修正済み カリタコーヒーミル
コーヒーミル
コーヒー豆は、粉にするよりも豆のまま保存する方が賞味期限を長く保てるということで、ずっと欲しかったコーヒーミルを知り合いに譲ってもらいました。
写真はカリタの電動コーヒーミルです。
挽きたてのコーヒーはお湯を注ぐとふっくらと盛り上がり、見るからに美味しそうで、毎朝の楽しみになりました。
手動のミルも検討していましたが、やはり電動は便利です。

『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る