11月 手足の冷えや肩こりが気になるときに「ルーローハン風飯」

11月 手足の冷えや肩こりが気になるときに「ルーローハン風飯」


————————————————————————
いつものごはんにのっけるだけ。
  季節のお悩みに合わせた一膳のごはんレシピ。
————————————————————————

すべての食べ物には効能があります。
いつもの食材を体調や気になる悩みに合わせて摂ることで、様々な不調に働きかけ、少しずつ、確実に、体の中から整えていくことができるのです。

体が冷えたり、食生活の乱れが続いたり、ストレスで呼吸が浅くなると、「気」や「血」の流れが悪くなります。
そうなると栄養や酸素がスムーズに行き渡らなくなり、手足の先が冷えたり、首や肩のこり、生理不順や生理痛などの原因に。
体を温めて巡りをよくするルーローハン風飯で、不調を改善しましょう。

 

◆◆◆本日の一膳◆◆◆

11月 手足の冷えや肩こりが気になるときに
ルーローハン風飯

20161116%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%8a%e9%a3%af%ef%bc%91%ef%bc%95
【材料(1膳分)】
ごはん…茶碗1膳
チンゲン菜…1/2株
しょうが…小さじ1
ごま油…小さじ2
豚こま切れ肉…80g
Aオイスターソース、水…各小さじ1
 しょうゆ、砂糖…各小さじ1/2

【作り方】
1.チンゲン菜は縦半分に切り、ラップに包んで電子レンジで1分加熱する。しょうがはみじん切りにする。
2.フライパンにごま油を熱し、しょうがを入れてサッと炒めたら豚肉を加え、色が変わるまで炒める。Aを加えて、さっと炒める。
3.茶碗にご飯をよそい、2を盛り付け、チンゲン菜を添える。

【おくすりMEMO】
チンゲン菜 : 巡りをよくする・心に効く
豚肉 : 体をうるおす・エネルギーを補う 

チンゲン菜は、心を安定させる効果でストレスを緩和し、「血」を巡らせる効果でこりや痛みを解消します。
豚肉は「血」を補うので、チンゲン菜と組み合わせると効果がアップ。

「血」の巡りがよくなると、体のすみずみまで栄養が届き、肌や髪がうるおって老廃物もスムーズに排出されます。
巡りが悪いとくすみや毛穴が目立ち、肌荒れなどの症状がでることも。

舌の裏側の静脈が紫色で浮き出て目立つ場合、血流がよくないサインです。
チェックしてみてください。

 

大好評発売中!
『おくすり味噌汁114』

『おくすり常備菜130』

 

Written by otomo ikumi
otomo ikumi

大友 育美(おおとも・いくみ)/フードコーディネーター・国際中医薬膳師。高知県生まれ。自然食レストランで調理の仕事を経て、現在はフードコーディネーターとしてNHKをはじめとするTV、書籍、雑誌、web、広告などで幅広く活躍中。家にある食材で手早く作れる、体にやさしい料理が好評。国立北京中医薬大学日本校で国際中医薬膳師の資格を取得。著書に『おくすり味噌汁114』『おくすり常備菜』(ともに小社刊)。

»この連載の記事を見る