部下に嫌われたくない人、必見


0725_F

顧客への重要なプレゼンを一任した部下が帰ってきました。

あなたなら次のうち何と声を掛けますか?

 

A「プレゼンどうだった?」

B「プレゼン緊張しなかったか?」

C「プレゼンしなかったか?」

D「プレゼンしかしなかったか?」

E「プレゼン以外も何かしたんじゃないだろうな?」

F「プレゼンのこと以外もう何も考えられないんじゃないだろうな?」

G「プレゼンのこと好きなんじゃないだろうな?」

H「プレゼンもお前のことが気になるって言ってたぞ?」

「プレゼン?」

「プレゼン……?」

「プレゼンどうした? 具合でもわるいのか?」

「プレゼン?」

「プレゼーーーーーーーン!!!」

 

 

プレゼンを一任した部下が帰ってきた――。

 

そのときの正しい声の掛け方は、

B「プレゼン緊張しなかったか?」です。

よくない声の掛け方は、

A「プレゼンどうだった?」です。

 

「結果」をすぐに聞きたいのはやまやまですが、

それでは部下の機嫌を損ねるだけです。

「なんだ、この人、私のことはどうでもいいんだ。

結果しか気にしてないんだ」と。

では、どうすればいいのいか――。

「結果」よりもまずは「人」にフォーカスするのです。

それだけで部下の気持ちを一気に掴むことができます。

 

といった、仕事の場面はもちろん、

家庭、友人関係など、どんなシーンでも応用できる

すごい「質問」を集めた本が8月27日に出版されます。

 

著者は、

メディアで「会話の達人」として紹介されるなど、

コミュニケーションのプロとして有名な櫻井弘先生です。

 

先日、櫻井先生主宰の交流会に参加させていただきました。

その会には各出版社の櫻井先生の編集担当者が集まりました。

驚きました。

みなさん「会話の達人」なのです。

とくに感動したのが自己紹介。いわば自分のプレゼンです。

 

私が「自分のプレゼン」を上手にできたかどうか?

このブログを読んでくださった方は、ぜひ私に質問してください。

 

内田