景気払いパーティー

景気払いパーティー


——————————————————————————
季節ごとの小さな幸せ、家族と楽しむ年中行事。
杉浦さやかさんがスケッチする折々の暮らし。
——————————————————————————   

SH_August600

0826_title

ビールを飲むのが大好きなので、
夏はなにかにつけてワイワイ集まって暑気払いをします。
居酒屋やビアガーデンもいいけれど、
うちに人を招いてお家パーティーをするのも楽しい。

 0826_001

まだ子どもが生まれる前に住んでいたのは
5~6畳ほどの広さのテラスがあるマンションで、
何度か自宅ビアガーデンをやりました。
いつか広いテラスや庭付きの家に住んだときのために、
提灯やランタンなどを買い集めていたので、
ここぞとばかりに飾りつけて。
おつまみなどは一から全部自分でつくると
パーティーを開くのも億劫になってしまうので、
「唐揚げ」や「たこ焼き」などメインは引き受けて、
あとは各自食べたい物を持ち寄ってもらいます。
今の家は庭もベランダも小さすぎて、
ビアガーデンが開けなくなっちゃったのが残念。 

0826_002

もうひとつ忘れられないのが、夏のそうめん大会。
結婚前に住んでいた古いテラスハウスは、
各部屋に小さな庭がついた長屋のようなつくり。
その愛らしい佇まいに惹かれて、
ものづくりに関わる住人が数組集まっていました。
だんだんみんなで仲良くなって、
時おりどこかの部屋に集まってお茶を飲んだり、ごはんを食べたり。
ある夏、クーラーのないYちゃんの家に集まって開かれたのが、
そうめんパーティー。
そうめんとたくさんのトッピング、副菜を4組の住人で持ち寄って昼間から宴会。
暑くて暑くて汗だくだったけど、氷をたくさん浮かべたそうめんと、
キンキンに冷やしたビールの美味しかったこと! 

0826_003

そうめんは手軽だけど、ゆで方や麺つゆにひと手間かけることで
夏のパーティーメニューにもなり得る心強い味方。
今年は、近所のなかよしファミリーの家の屋上で、
子どもたちと花火&そうめんパーティーを開くつもりです。

0826_004

 

 *次回は9月9日(金)更新予定です。

 

 

Written by sugiura sayaka
sugiura sayaka

杉浦さやか(すぎうら・さやか)/1971年生まれ。日本大学藝術学部美術学科卒。大学在学中の1993年よりフリーのイラストレーター。 独自のタッチと視点で描くイラストエッセイが人気を博し、街歩き、旅、映画、おしゃれなど様々なテーマで執筆。『週末ジャパンツアー』『上海を歩こう』『はじめてのハワイ』(小社)、『スクラップ帖のつくりかた』(KKベストセラーズ)、『レンアイ滝修行』(祥伝社)、『うれしいおくりもの』(池田書店)、『おきにいりと暮らす ABC』(白泉社)など著書多数。最新刊は『マーマリング・トーク おしゃべりなつぶやき』(二見書房)。

»https://twitter.com/saa_aya

»この連載の記事を見る