チンゲンサイと枝豆の中華風粥

チンゲンサイと枝豆の中華風粥


こんにちは。

今日は風邪をひいていなくても食べたい、
干し貝柱の出汁で煮込んだ贅沢なおかゆのレシピを紹介します。

干し貝柱は細かくほぐしてしまうので、割れているものでかまいません。
チンゲンサイと枝豆の緑が、食欲をそそります。

修正 チンゲンサイと枝豆のホタテ粥
チンゲンサイと枝豆の中華風粥
材料
(2人分)
チンゲンサイ…小さめ1株
干し貝柱…20g(中くらいの粒だと3~4個)
水…200ml
ゆで枝豆(さやから出す)…正味30g
米…2/3合(100g)
水…600ml
塩…小さじ1/3
ごま油…適宜

1.干し貝柱は水200mlに浸して一日おく。
2.チンゲンサイは一枚ずつはがして根元をよく洗い、細かく刻む。米は研いでざるにあける。
3.鍋に米と水、塩、1の干し貝柱をほぐして戻し汁ごと入れ、強火にかける。沸いたらなべ底をこするようにかき混ぜ、フタをして弱火で15分煮る。チンゲンサイと枝豆を加えて全体を混ぜ、さらに10分程煮る。器に盛り、お好みでごま油をたらす。

しっかりとした味がお好みでしたら、最後に顆粒の鶏ガラスープの素や、顆粒の昆布茶を少し加えても美味しいですよ。

おすすめ調理アイテム紹介
修正 乳鉢
乳鉢
白い磁器の乳鉢は、ホールスパイスを粉砕してチャイを作るために購入しました。重くて安定するので、使いやすいです。
他にも、ミートソーススパゲティやカルボナーラを作ったときに、ブラックペッパーを粗く砕いてかけると美味しいですよ。
木の方は、同じくスパイスを砕くのですが、そのままテーブルに出すこともできます。
そのままソースやディップ入れにしてもいいですね。

『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る