にんじんのわんぱくサンド

にんじんのわんぱくサンド


こんにちは。

今月の旬の野菜は、にんじんです。
まずはシンプルにそのままの素材の味を楽しめる
サンドイッチにしてみました。

パンよりも具材が多いサンドイッチは、
見た目のインパクトも楽しいですが、野菜がたくさん摂れていいですよね。

にんじんは、塩をふると水分が出てきてしまうので、
オイルとレモン汁をまぶすだけ。
にんじんのパリパリとした食感が美味しいサンドイッチです。

%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e3%81%ab%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%93%e3%81%ae%e3%82%8f%e3%82%93%e3%81%b1%e3%81%8f%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%89
にんじんのわんぱくサンド
材料
(1個分)
にんじん…中1本(160g)
A オリーブオイル…小さじ2
  レモン汁…小さじ1
ゆで卵…2個
B アンチョビ(みじん切り)…1フィレ
  マヨネーズ…大さじ1
  塩…少々
アボカド…1/2個
食パン…2枚
バター、マヨネーズ…各適量

1.にんじんはよく洗い、皮付きのまま千切りにしてAをあえる。ゆで卵はフォークで細かくつぶし、Bをまぜる。アボカドは種を取って皮をむき、5ミリ幅の薄切りにして、レモン汁適量(分量外)をまぶす。
2.食パンを焼き、一枚の片面にバター、もう一枚の片面にマヨネーズを塗る。ラップを広げてバターを塗った食パンを中央におく。バターの面の上に、にんじんをこんもりとのせ、ゆで卵、アボカドを順に山になるようにのせる。もう一枚の食パンをマヨネーズの面が下になるようにかぶせ、具材が横からはみ出ないようにラップでぎゅっと包む。ラップ(又はワックスペーパー)に包んだまま半分に切り、アボカドの切り口にレモン汁適量(分量外)をぬる。

にんじんは塩味がないので、卵にはしっかり味をつけてくださいね。
ゆで卵は細かくつぶした方が、食べやすいサンドイッチに仕上がります。

アボカドにレモン汁をぬるのは、変色防止のためです。
お弁当に持っていく場合は、切り口がぴったりとラップに覆われるように包んでおくと、
アボカドが茶色くなりませんよ。

おすすめ調理アイテム紹介
%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%90%e3%82%bf%e3%83%bc
カルピスバター
お菓子作りをする方々に愛されている、なめらかでやさしい風味のバターです。
バターは通常200g程度で販売されていますが、こちらは業務用サイズの450g。
使う頻度に合わせて切り分けて(私は4等分にしています)、それぞれラップとアルミホイルで包み、冷凍します。
無塩のものを購入しておけば、料理にあわせて塩を足して使えるのでおすすめです。

『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る