にんじんと豚バラの生姜クミン炒め

にんじんと豚バラの生姜クミン炒め


こんにちは。

今日は、にんじんを使ったパパッと作れるレシピです。
細切りも短冊切りもしたくない日は、ピーラーが活躍します。

にんじんは火を通すので、薄く削るよりも、
少し力を入れて、厚めに削るといいですよ。

%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e3%81%ab%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%93%e3%81%a8%e8%b1%9a%e3%83%90%e3%83%a9%e3%81%ae%e7%94%9f%e5%a7%9c%e3%82%af%e3%83%9f%e3%83%b3%e7%82%92%e3%82%81
にんじんと豚バラの生姜クミン炒め
材料
(2人分)
にんじん…1本
豚バラ薄切り肉…100g
しめじ…1/2パック
生姜…1かけ
オリーブオイル…小さじ1
塩、クミンパウダー…各適量
パセリ(みじん切り)…適量

1.にんじんは皮をむき、ピーラーでリボン状に削る。豚バラ肉は3㎝幅に切る。しめじは石づきを取って小房にわける。生姜はみじん切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルを熱して生姜をさっと炒めて香りを出し、豚バラ肉としめじを加えて炒める。豚バラ肉の色が変わり、しめじに焼き色がついたら、にんじんを入れて炒める。にんじんがしんなりしたら塩とクミンをふって味を調える。器に盛り、パセリをふる。

クミンとパセリの香りは、にんじんとの相性ばっちり。
にんじんの苦手な方にもおすすめです。

おすすめ調理アイテム紹介
%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e3%82%81%e3%82%93%e3%81%b1
SHIOZAWA漆工所のめんぱ
静岡県の塩澤さんが作る、ひのきに漆を塗り重ねたお弁当箱です。
「めんぱ」といい、もともとは山仕事に持っていくお弁当だったとか。
曲げわっぱの弁当箱は、つなぎ目を桜の皮で固定していますが、こちらは漆で塗り固めているのでもっと丈夫。漆は殺菌作用もあるので、持ち運ぶお弁当にぴったりの素材です。
形は楕円と丸があり、いずれも蓋と身が入れ子に収納できます。更に大、中、小のサイズ順にも入れ子にできるので、サイズ違いで欲しくなります。
色は、黒のほかに朱や茶の色もありました。私はモダンに使える黒の大と中を愛用しています。

『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る