ゲイジュツの秋

ゲイジュツの秋


——————————————————————————
季節ごとの小さな幸せ、家族と楽しむ年中行事。
杉浦さやかさんがスケッチする折々の暮らし。
——————————————————————————   

1014_october

title

 

雨模様の日が続いた秋のはじめ。
ある休日に3組の親子で集まって山に行く計画も、急遽予定変更。
わが家でお絵描き遊びをすることにしました。

子どもが5人も集まって、
ただ大人しく座ってお絵描きじゃあ、
あっという間にあきてしまうのは目に見えている。
体全体を使って思い切り描けるように、
大きな大きな紙を用意することにしました。

10_001

うちは職業柄、コピーの裏紙はいくらでもあるので、
娘がお絵描きをするときも、A3の紙を4枚ほどのりで貼ってつなげて、
大きな紙にすることがありました。

今日はもっともっと大きく、16枚の紙をつなげてつなげて、畳1枚分は余裕でありそうな紙を製作。
テーマなどを特に決めずに、自由お絵描きのスタート!
描き始めてみると、思った以上に集中してくれる子供たち。
のびやかな線がどんどん走っていきます。
思い思いの色が踊り、びっしりと見事に埋まった、大きな紙。
だけどこんなに大きくちゃ、保管するのもひと苦労。
かといって、捨ててしまうのは忍びない……
思いついたのが「ガーラント」。
素材はたっぷりあるので、3家族分作れるし、パーティーなどの飾りたいとき以外はしまっておける。

10_002

子どもの自由な色づかいにハッとしたり、
おもしろい線に刺激を受けたり。
私も夢中でガーラント作りに取り組みました。
子どもと一緒に絵を描いたり、
その作品を飾ったりまとめたりしていると、
思いがけずこちらの創作意欲も刺激されてしまうよう。   

秋の雨、秋の夜長、
この秋もたくさん子どもと絵を描きたいな。

10_003

 

*次回は10月28日(金)更新予定です。

Written by sugiura sayaka
sugiura sayaka

杉浦さやか(すぎうら・さやか)/1971年生まれ。日本大学藝術学部美術学科卒。大学在学中の1993年よりフリーのイラストレーター。 独自のタッチと視点で描くイラストエッセイが人気を博し、街歩き、旅、映画、おしゃれなど様々なテーマで執筆。『週末ジャパンツアー』『上海を歩こう』『はじめてのハワイ』(小社)、『スクラップ帖のつくりかた』(KKベストセラーズ)、『レンアイ滝修行』(祥伝社)、『うれしいおくりもの』(池田書店)、『おきにいりと暮らす ABC』(白泉社)など著書多数。最新刊は『マーマリング・トーク おしゃべりなつぶやき』(二見書房)。

»https://twitter.com/saa_aya

»この連載の記事を見る