カリカリコンビーフポテト

カリカリコンビーフポテト


こんにちは。

今日はじゃがいもで、ビールのおつまみを作りました。
始めはしっとりとしているコンビーフですが、
カリカリになるまで炒めると一層おつまみらしくなります。

%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%9d%e3%83%86%e3%83%88
カリカリコンビーフポテト
材料
(2人分)
じゃがいも…2個
コンビーフ…1缶(100g)
にんにく…1かけ
オリーブオイル…大さじ1
バター…10g
パセリ(みじん切り)…適量

1.じゃがいもはよく洗って皮付きのまま、1.5㎝角に切る。にんにくはみじん切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ってきたじゃがいもを入れる。じゃがいもに焼き色がついたらコンビーフを加えてほぐし、じゃがいもにからめるように、じっくり焦げないようにたまに混ぜながら10分ほど焼く。じゃがいもに竹串がスッと通るくらい焼けたら、火を止めてバターとパセリを加え、さっと混ぜて器に盛る。

コンビーフの油でじゃがいもを焼くように、じっくりと焼きます。
コンビーフがカリカリになるまで、弱火で気長に焼いてくださいね。

カリカリ、パラパラなので、スプーンで召し上がってください。

おすすめ品ご紹介
%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e3%83%9b%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc
Vitantonioのホットサンドメーカー
正確にはWAFFLE & HOT SANDWICH BAKERで、ワッフルの型もついていますが、我が家ではもっぱらホットサンドを作ることに使用しています。朝が寒くなってくると、具材まで一気にあつあつになるホットサンドが恋しくなります。
直火で焼くホットサンドメーカーに憧れたこともありましたが、忙しい朝はコンロの前にいたくないですよね。これなら、パンと具材をセットしてコンセントをつなぐだけ。あとはランプができ上がりを教えてくれます。二人分が一気に仕上がるのもありがたいポイントです。

『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る