おいしい、地震速報


参議院の議員会館に立ち寄ったついでにランチを食べようと、地下1階にある食堂に入ろうとした時のことです…。

こんな看板が目に飛び込んできました……。

image12

 大地震の際には、緊急地震速報が、館内放送で流されるのだとか。

さすが参議院の議員会館です。
危機管理が徹底しているなと思いました。

ただ、ふと思ったのですが、今の時代、緊急地震速報は
携帯電話でも激しく鳴り響きます。

ざっと見渡したところ、食堂のキャパは約300人。

昼食のピーク時に速報が、館内放送と携帯からけたたましく鳴り響いたとしたら・・・。

個人的には、とても落ち着いてはいられそうにない気がします。
恐ろしい。

ただ、個人的な感想は置いておいて、
こうやって緊急時のことを普段から考えることも、大事なのかもしれません。

「自分の身は自分で守らなければ!」

さて、そんな気持ちになった時に読んでいただきたい一冊です。

『高校生にも読んでほしい海の安全保障の授業 - 日本人が知らない南シナ海の大問題』

978-4-8470-9518-4

 

著者の佐藤正久議員も本書の中でこうおっしゃっています。

「平和と安全はタダではありません」
「まず知ること--知れば関心も高まる」

お手にとっていただければ、“安全に対する考え”が変わるに違いありません。

あ、食堂で食べた「天ぷら定食」(950円)は、とても“平和”なお味。
海からの恵みを、最後までおいしくいただきました。

image2

 

小島