焼きねぎのバルサミコマリネ

焼きねぎのバルサミコマリネ


今月の旬の野菜は長ねぎです。

地域によっては白ねぎと呼ばれることもありますが、
どちらも白い部分の長い、根深ねぎのことです。

ねぎは、中がスカスカしていない、
みっちりと巻かれたものを選んでください。

ゆっくりじっくり焼いて、甘くなった冬のねぎを
今日はマリネ液に漬けました。

110%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%81%ad%e3%81%8e%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%9f%e3%82%b3%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%8d
焼きねぎのバルサミコマリネ
材料
(2人分)
長ねぎ…1本
A オリーブオイル…大さじ1
  バルサミコ酢…小さじ2
  はちみつ…小さじ1
  しょうゆ、塩…各小さじ1/2
オリーブオイル…少々

1.長ねぎは6㎝幅に切る。
2.フライパンにオリーブオイルを弱火で熱し、長ねぎを並べ入れて焼く。転がすように、じっくりと焼き色がつくまで焼く。
3.保存容器にAを入れて混ぜ合わせ、2を入れてあえる。粗熱がとれたらひと混ぜしてラップをおとしてかけ、冷蔵庫に入れて1時間程おいて味をなじませる。

バルサミコ酢がなければ、ワインビネガー、レモン汁等、あるもので作ってみてください。

おすすめ品ご紹介
%e3%82%b4%e3%83%9c%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%a9
GOBONOLA(ゴボノーラ)
熊本県のHOSHIKOさんのシリアルです。
グラノーラならぬ、ゴボノーラの原材料は、大麦、ごぼう、黒大豆、れんこん、米油。
メインの素材はすべて九州産で、地域農業を勧めています。
玄米由来の米油で焼き上げられ、香ばしくてザクザクとした食感がたまりません。おすすめの食べ方は、サラダやスープのトッピングです。食感と香り、うまみが加わって、よいアクセントになりますし、嚙むことで満足感が得られます。

『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る