セロリときゅうりの香味あえ

セロリときゅうりの香味あえ


こんにちは。

少しずつですが、暖かくなってきましたね。
今月は旬の野菜、セロリを使ったレシピを紹介します。

セロリは香味野菜のひとつで、
旬をむかえると香りが一層良いですね。

火を通さずにサラダとして食べる時は、
束の内側の方の、淡い緑色の茎が柔らかいのでおすすめです。

セロリは食物繊維が豊富で、取りすぎた塩分を排出してくれる働きがあります。
腸内環境を整えて、軽やかに春の日をお過ごしください。

%e4%bf%ae%e6%ad%a324%e3%82%bb%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%82%85%e3%81%86%e3%82%8a%e3%81%ae%e9%a6%99%e5%91%b3%e3%81%82%e3%81%88
セロリときゅうりの香味あえ
材料
(2人分)
セロリ…内側を2本(120g)
きゅうり…1本
A しょうが(みじん切り)…1かけ分
  にんにく(すりおろし)…1/2かけ分
  赤唐辛子(小口切り)…1本分
  ごま油…小さじ2
  塩…小さじ1/2
  砂糖…小さじ1/4
  鶏ガラスープの素、こしょう…各少々

1.セロリは筋を取り、細めの乱切りにする。きゅうりはヘタを切り落として縦半分に切り、スプーンの先でかき出すように種を取り除く。セロリの大きさに合わせて手でちぎる。
2.ボウルにAを合わせてよく混ぜ、1を加えてあえる。味をみて、足りなければ塩(分量外)で味を調える。

きゅうりは、種を取り除くと口当たりがよく、水分も出にくくなります。
包丁で切るよりも手でちぎるように割ると、断面に味がしっかりなじみますよ。

おすすめ品ご紹介
%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e5%8c%85%e4%b8%81
包丁工房タダフサ
新潟県三条市で作られている包丁です。
長く持っても疲れず、柄が木でできている包丁を探していて出会った一本です。
特許技術の抗菌炭化木という、名前の通り菌が繁殖出来ない木材を使用していますので、とても衛生的です。つなぎ目もきれいで汚れがたまらず、清潔に保つことができます。
写真の包丁は刃渡り21センチの牛刀です。一般的に家庭で使われている三徳包丁よりも刃渡りが少し長くて、刃先がとがっています。刃渡りが長いと刺身を一息で引き切りすることができますし、とがった刃先で肉の筋切りができるので、これから包丁に慣れるという方には牛刀がおすすめです。この牛刀は比較的刃が薄くて軽いので、女性でも扱いやすいですよ。

【お知らせ】
この連載が、1冊の書籍になりました!
春夏秋冬、1年を通して楽しめる旬野菜レシピが満載。
書籍のための書き下ろしレシピも収録!

『旬がおいしい台所』
\大好評発売中!/

\こちらも好評発売中!/
『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る