牛肉とクレソンのガーリックライス

牛肉とクレソンのガーリックライス


こんにちは。

今月の旬野菜はにんにくです。

にんにくといえば、やっぱりガーリックライス。
カリカリのにんにくチップを作るコツは、
同じ厚みに切ることと、低温でじっくり揚げることです。
油から取り出すとさらに茶色くなるので、一歩手前で取り出してくださいね。

%e4%bf%ae%e6%ad%a330%e7%89%9b%e8%82%89%e3%81%a8%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9
牛肉とクレソンのガーリックライス
材料
(2人分)
にんにく…2かけ
牛こま切れ肉…100g
クレソン…1束
ごはん…400g
塩、黒こしょう…各適量
オリーブオイル…大さじ1
バター…5g

1.にんにくは1かけ分は薄切り、残りをみじん切りにする。牛肉は粗く刻む。クレソンは5mm幅に切る。
2.フライパンにオリーブオイルと薄切りにしたにんにくを入れて弱火にかけ、にんにくが色づいてきたらキッチンペーパーに取り出す。牛肉、みじん切りにしたにんにくを入れて炒め、色が変わったらごはんを加えて炒める。バターを加え、塩、黒こしょうで味を調えて火を止め、クレソンを加えてさっと混ぜる。器に盛り、取り出しておいたにんにくチップをのせる。

クレソンも春に旬をむかえます。
お肉の付け合わせのイメージですが、旬のクレソンは茎も柔らかくてみずみずしく、サラダにもぴったりです。

おすすめ品ご紹介

%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e5%af%86%e5%b0%81%e3%81%b3%e3%82%93

梅酒のびん
セラーメイトの取手付きの密封びんは、ガラスびん、ふた、パッキン、金具、すべて日本で作られています。取手付きなので、手の中で滑る心配がなく、安心して持ち運びすることができますね。
写真のびんは、4Lと2Lのもの。4Lで梅酒を漬けて、一年たったら半分飲んで2Lサイズに移しています。そして空いた4Lのびんには、またその年の梅酒を作るようにしています。今年から梅シロップ用(青梅1キロ+砂糖1キロ用)に3Lのびんも販売されるそうですよ。
そろそろ青梅が出回る時期なので、手作りの梅酒や梅シロップはいかがでしょうか。

 

【お知らせ】
この連載が、1冊の書籍になりました!
春夏秋冬、1年を通して楽しめる旬野菜レシピが満載。
書籍のための書き下ろしレシピも収録!

『旬がおいしい台所』
\大好評発売中!/

\こちらも好評発売中!/
『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る