獅子座(4月の運勢)

獅子座(4月の運勢)


%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e7%b7%a85%e7%8d%85%e5%ad%90%e5%ba%a7

獅子座
Leo
7/23-8/22

ワークレボリューションの月 

「ノブレス・オブリージュ(高貴なものの責務・義務)」というのは欧州での格言で、「富むもの・人の上に立つものはそれなりの責務を負う」ということを指します。「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞いをしなければならぬ」と訳されたりもしますが、その格言そのままをいくステージが眼前に登場するでしょう。
その輝くステージが登場するのは10日を過ぎた頃で、登壇してスポットがオン! になるのはおそらく20日あたり。
4月の後半からは本格的に“ロイヤル”な役目を負い始めることになりそうです。

 上司として部下の責任を負う、何らかの名誉職を務めることになる、リーダーのポジションを引き継ぐ、外交に勤しむ等、“顔”としての大きな“役目”がやってくるはずです。
そしてその場所・ポジションはともすると人の人生を大きく左右しかねない責任重大なところもあるヘビーなものかもしれませんが、生まれがもともと“王族”(占星術上のカテゴリ)な獅子座はロイヤルで筋を通す気質があるので、そういった最重要なお役目を果たすにはぴったりなのです。
外交手腕のキレが求められている時期ですから、水面下ではバタバタしても水上では涼しい顔をして泳いでいる白鳥のようにお澄まし顔をキープして過ごすと、周囲の期待に応える結果を出しやすいでしょう。

ラッキーキーワード

・気品を意識して動作はゆっくりと優雅に
・ミーハーなアイテムよりも、上等なものを身につけること
・ラッキーアイテム:ベージュ、キャメルのレザーアイテム、シャイニーな素材感のもの