山羊座(5月の運勢)

山羊座(5月の運勢)


%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e7%b7%a810%e5%b1%b1%e7%be%8a%e5%ba%a7

山羊座
Capricorn
12/22-1/19

神様ルールで生き始める月 

神様なるものを想像した場合、みなさんはいったいどんな神様を想像しますか?
ひたすら書類に判子を押す神様? それとも、どこかの岩場でぐーぐー昼寝をしている神様? はたまた花が咲き乱れ、綺麗な小川が流れる世界でポロンと銀の竪琴を鳴らす、そんな神様でしょうか?
もちろんここでは、どんな神様を想像していただいても大丈夫なのですが、私たちが御魂磨きをする以上、自分たちが今後魂を磨き続けていった場合どうなるのか、そしていつか人間界を卒業して、もっともっと上の世界に行ったとしたら、そこはいったいどんな世界なのかを想像してみてもいいかもしれません。

山羊座の話になりますが、山羊座は社会を作り上げていく、”器”をつくる星座です。
ここで、先ほどの質問とクロスしてくるのですが、神様の世界というのはその”社会・器の最上級”のようなものでしょうか。神の世界にも役職があり、なんならネクタイをしていたりして、非常にお堅いものでしょうか?
古今東西、いろいろな古文書、本、最近であればスピリチュアリストのブログ等を見てみても、どこにも”そんなお堅い神様”の様子は書かれていませんし、これは私の推察ですが、”お堅い、スーツを着た神様”を想像される方はきっといないか、いたとしても少数派かと思います。

なぜそんな連想になるかというと、それはきっと”神様の意識・次元”というものは、すべてを越境、超越した存在であり、所謂、人間界の枠とか器、様式からかけ離れたものが神様の世界だという認識がどこかにあるからでしょう。
そして、破壊と再生のパワーをもつ冥王星によって、山羊座の持つ”社会性・世界観”が一旦リセットされようとしている現在、もう人間界の中にあるゴールを目指すのではなく、全宇宙なるものをスケールの基準にしてジャッジをしていくようなタイミングが人間界にも到来しているような気がします。
つまり社会のトップは総理大臣や社長や市長など様々な”長”ではありますが、その遥か上にはゆるゆるの神様がいて、波長をシンクロさせていくなら”社会”ではなく”宇宙”の方がいいなと気づく、そんな局面を我々人類は迎えているように思うのです。
これは実は人類全員に言えることではありますが、山羊座のあなたには特に強く届いているメッセージです。極端な言い方をすると”自分を神化する”と表現できるかもしれませんが、それぐらい極端に振り切れた方が山羊座のあなたにはきっと有効なのだろうと、あえて表現を強くしてお伝えしました。
今月からは宇宙ファースト(神様ルールで生きる)ことを徹してみましょう。
神様視点で生きることができれば、世界の見え方もその世界を生きるルールも、今までとはまるで違うものとしてその眼に映りこんでくるはずです。

 

ラッキーエレメント

・古典・名作・鉄板もの・ベストセラーの本や映画を見たり読んだりする
・アロマハンドウォッシュ・アロマキャンドル
・陶器(茶碗、お皿、花器等)を新調する