彗星の如く現れた、沼落ち必至!の『2gether』タイBL小説の翻訳版が発売&コミカライズも決定!


  1. 甘えたがりのS系男子×天然愛され系男子

話題沸騰中のタイBLドラマ『2gether』。2020年2月にタイで放送開始されると、Twitter世界トレンド1位を獲得し、YouTube公式動画の総再生回数3.8億回(2020年8月末現在)など、驚きの記録を打ち立てて爆発的人気に。日本での放送もWOWOWや楽天TVなどで始まり、さらに注目が集まるドラマの、原作小説邦訳版1巻が10月16日に紙・電子同時発売! 


▲『2gether』日本語翻訳版(装画:志村貴子)

「キュンキュンじゃない。ギュンギュンくる」「アドレナリンが出すぎて具合悪くなりそう!」「原作は甘々すぎて命を削ってくる勢い!」

世界中の女子がときめいた、あの名場面や名台詞はもちろん、ドラマで描かれなかったエピソードも完全収録! ウィン&ブライトの写真入り帯は初版限定となる。

“甘キュン”タイBLついにコミカライズ!!!!

そして、人気漫画家・奥嶋ひろまさが、甘えたがりのS系男子×天然愛され系男子の尊すぎる青春ラブをコミカライズすることが決定!

『同棲ヤンキー赤松セブン』(秋田書店)で、衝撃のBLデビューを果たした奥嶋ひろまさが、沼落ち必至の笑えて泣ける尊すぎる「甘キュン」ストーリーを、2020年11月から連載スタート!

▲奥嶋ひろまさ先生が描くタイン(左)とサラワット(右)

続報は「WANIBOOKS NewsCrunch」やTwitterなどでお知らせしますので、お楽しみに!

<内容紹介>
大学1年のタインは、運命の相手(可愛い女子)との出会いに胸を膨らませていたが、告白されたのはゲイの同級生グリーンだった。その気のないタインは、積極的にアプローチしてくるグリーンから逃げまわるが、猛アタックは止まらない…。困り果てたタインは、グリーンに諦めさせようと学内イチのイケメン・サラワットに‟ニセ彼氏”になってもらいたいと頼み込む。最初は、ぶっきらぼうで塩対応なサラワットに‟嫌なやつ”と腹を立てていたタインだが、直球に「恋人のフリ」をぶつけてくる彼の態度に、なぜか高鳴る心臓(ムネ)の鼓動。戸惑いを感じるタイン――。
原作:ジッティレイン+漫画:奥嶋ひろまさ/ 翻訳協力:佐々木紀