山羊座(11月の運勢)

山羊座(11月の運勢)


%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e7%b7%a810%e5%b1%b1%e7%be%8a%e5%ba%a7

山羊座
Capricorn
12/22-1/19

2008年からの12年を振り返る月 

占星術の世界では、木星という幸運の星・ラッキースターが自室にやってくるのは12年に一度のこと。昨年の12月に木星を己の懐に抱えてから11ヶ月、山羊座の皆様が木星と過ごせるのは、もう今月と来月を残すのみとなりました。
木星が離れるとき恒例! というわけではないのですが、今回の木星のトランジット(木星が山羊座から水瓶座に移行すること)を控え、そろそろ山羊座のあなたを包む空気にも、グランドフィナーレ感が出てきていると思います。その証拠に今月、来月は今までの12年間の総決算のようなことが起こっていくでしょう。例えば、今月でいうと、それこそ舞台を観劇すると最後のカーテンコールの際に”出役”の方々が舞台に勢ぞろいするように、これまでの12年であったご縁がずらりとあなたの元に舞い戻ってくるかもしれません。

直近の12年間でできたご縁、繋がり。そういった面々が、バーっと走馬灯のようにあなたのもとに集ったり、個々にお会いしたりするという暗示が出ているのが、今月の星回りの特徴。実際にその布石として先月あたりから、久しぶりに会いませんか? とか、どこかでご飯でも? 等、何らかのお誘いが増えているのではないでしょうか。もしそういった動きが周囲で起こっているのなら、あなたは星の流れ、導きにしっかりと乗っている方なのでしょう。
”そういうお誘いはまだ受けていないよ”という人も大丈夫です。人には役割というものがあるので、もしかすると”あなたはそれを企画するほう”であり、積極的にそういう席を設けていくことで、星々からの後押しを受けられるタイプなのかもしれません。
何れにしても今月は”人を生かし、人に生かされる”月。出会い・再開の多い月となりますが、その中から次の12年を共にする人も現れたり、また人の入れ替わりがあったりもするでしょう。
泣き笑いのある、いろいろな”人間ドラマ”を感じられる月となりそうです。

 

ラッキーエレメント

・スクワット等、足腰のエクササイズをする
・食事会を開く
・キャンドルをつける