獅子座(12月の運勢)

獅子座(12月の運勢)


%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e7%b7%a85%e7%8d%85%e5%ad%90%e5%ba%a7

獅子座
Leo
7/23-8/22

チーム編成と仕組みを見直す”戦略”を練る月 

2020年最後の月は、獅子座のあなたにとって、”チーム編成”の月となっています。
獅子座は王様星座というのはよく言われることですが、王様とは”王国があったり、王の親衛隊”がいたりすることで初めて”王様らしくなる”というもの。
王様は基本的に、指示は出しますが、現場では直接的に手を動かしたりはしません。こう言うと、人によっては何やら偉そうに聞こえるかもしれませんが、実際に現場でもディレクション・マネジメント等、決定権・指導責任をもつ役職者の動きというのは往々にして”指示出し等”が主となっていくもの。
王様とは、その中で最高責任者ともいえるポジションですから、”指示や管理監督する領域が多い”のは至極当然のこと。ただ、ここしばらくは厳しい忙しさが続いたはずの獅子座は、そろそろ”仕事の仕組みややり方を変えていくとき”だな、と感じているのではないでしょうか? このまま行くと、体か精神か、何かが追いつかなくなる……さてどうしよう、と。

そういう潜在的な欲求もあり、今月はしっかりとチーム・働き方・シフト・今後の戦略等を見直すのにベストなタイミングになっています。星回り的に見ても、今はいい人材・仲間・人のご縁に恵まれそうな時期となっているので、理想的なワークスタイルが築けたり、よいアドバイスが沢山もらえることでしょう。
いずれにしても今月は”地固め”に最高のとき。健康状態や周辺環境(仕事道具も)に気になるものがある人は、この時期にすべて見直し・チェック・買い換え等をすることがお勧めです。
”+”を生み出す流れは確かにあまり感じられないかもしれませんが、今は未来において大きなプラスを生み出すための準備を進めるときであり、先行投資の時期と捉えて過ごしてみるといいのではないでしょうか。

 

ラッキーエレメント

・ヘルシーなお菓子を食べる(グルテンフリー等)
・ブルーベリー・ワイルドベリー等、ベリー類を食べる
・新しいシューズを買う