魚座(3月の運勢)

魚座(3月の運勢)


%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e7%b7%a812%e9%ad%9a%e5%ba%a7

魚座
Pisces
2/19-3/20

仮想の世界での自分を楽しむ月

安定しないこと、定型がないこと。それは今までの時代には、もしかすると不安要素と言えるものだったかもしれません。ただ、これからは”副業時代”とか、”一人一チャンネル時代”などと言われるように、誰もがいくつもの顔を持ったり、収入源を持ったり、ペルソナを持ったりすることが推奨されています。また、そういった日々を過ごすことが、昨今の世界の状況によって精神的にも技術的にもやりやすくなった時代であるとも言えます。
そんななか、魚座にやってくるのは”救世”の役割といったもの。星回り的には、今月は太陽が魚座の部屋に入ることから、あなたの主役感は通常よりだいぶ増しマシに! また、魚座の自室には海王星と金星、水星という天体郡が鎮座していることから、更に”魚座のパワー”にブーストがかかり、あふれんばかりとなること必至。
実際に、自分にも周囲にもその影響をまき散らしていくこととなるのですが、肝心の魚座の力とは何かと言われれば、”融合・浄化・浸食・幻影”といえるような、どこか掴みどころがない輪郭線のはっきりしないもの。ただ、その魚座力というのは、あらゆるものの垣根を越えたり、空想にふけり、幻想を抱かせ、夢を語り、どこか現実離れした世界を象徴するものばかりです。

この世が楽しくないなら”仮想の世界へと歩を進めればいい”、まるで魚座の宇宙はそういった世界へと人々を誘うようで、まさにそれこそが魚座的な救済の方法なのかもしれないと、魚座を観察すればするほどに思うのです。
夢の世界へと片足を突っ込むことで、世界の混乱の直撃を避けることができるのなら、現実逃避、趣味の世界への没頭は、ある意味、最高のセラピーであり、ポジティブ変換術だと言えそうです。
時代の先が読みづらい昨今ですが、今はきっと自分に集中し、既存の社会と距離をとっていくことが”安寧の世界”を作ることにつながっていくように思います。不安定な”外”の既存の社会から離れ、”内”なる安心の星(自分の世界)へ。
そういった後押しができるのが今月の魚座の人に宿るパワーであり、また魚座の方たちも今月のどこかから”マイワールドを構築していく”ことになるのかもしれません。

 

ラッキーエレメント

・自分の趣味・好きなことに没頭する
・小説を読む
・筋トレ・エクササイズをする