かぼちゃのプリン

かぼちゃのプリン


こんにちは。
今日ご紹介するのは、かぼちゃのプリンのレシピです。

市販のかぼちゃプリンだと、かぼちゃがもの足りない。
かぼちゃが甘いからこそ、砂糖の甘さは控えめにしたい。
カラメルソースは苦いくらいが好き。

こんなこだわりを詰め込んだ、しっとりとかぼちゃらしい、甘さ控えめのプリンです。

かぼちゃプリンB修正
かぼちゃのプリン
材料
(パウンド型1台分 又は 大きめのココット4個分)
かぼちゃペースト…300g
卵…2個
砂糖…40g
牛乳…200ml
塩…ひとつまみ

〈かぼちゃペースト〉
かぼちゃ…1/4個(450~500g)

〈カラメルソース〉
砂糖…大さじ3
水…大さじ1
お湯…大さじ1

生クリーム、シナモンパウダー…適宜

1.かぼちゃペーストを作る
かぼちゃは種とわたを取る。鍋に皮を下にして入れ、2㎝程の水を入れる。蓋をして20分程蒸す。竹串がすっと通るまで蒸したら残った湯を捨て、スプーンなどで皮からこそげとって皮を除き、すりつぶす。
2.カラメルソースを作る
小鍋に砂糖と水を入れて中火にかける。沸々と泡立ち、端から茶色く色づいてきたら鍋を回して全体を均一になじませ、全体が茶色になったら火からおろして向こうにかたむけ、お湯を大さじ1加える。へらでなじませて、熱いうちに使用する型に流し入れる。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
3.プリン液を作る
ボウルに卵と砂糖を入れて泡だて器でしっかり混ぜる。牛乳は耐熱容器に入れ、電子レンジ(600W)で沸騰しない程度に1分20秒程あたためて、ボウルに加える。かぼちゃペーストと塩を加えて良く混ぜ、ざるで濾す。ざるに残ったかぼちゃはへらで濾す。
4.2の型に3を流し入れる。オーブンの天板にタオルをしいてプリンの容器をのせ、2㎝程お湯をはる。160度に予熱したオーブンに入れて40分~50分程湯せん焼きにし、竹串をさして生地がつかなければ粗熱を取って冷蔵庫で冷やす。

カラメルソースは、最後にお湯を加える時に熱いカラメルがはねるので、火傷しないように気を付けてください。

プリン液は550ml程になります。容器選びの参考にしてください。
パウンド型やケーキ型で焼いて切り分けてもいいですし、そのまま食卓に出せるココットでも作れます。
ココットで作る場合は、30分~40分程で焼き上がりますので、焼き時間を短縮してください。

パウンド型やケーキ型から取り出す時は、側面を竹串で一周ぐるりとして、底面をお湯に5秒程つけます。まな板をかぶせてひっくりかえし、上下に軽く振ると型から外れます。
切り分けて、お好みで生クリームやシナモンパウダーをふってください。

———————————————————————————————————————————————————–
井上さんプロフィール写真
井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)フードコーディネーター
2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

 

 

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る