「同棲カップル」と「“非”同棲カップル」、離婚率が高いのはどっち!?

「同棲カップル」と「“非”同棲カップル」、離婚率が高いのはどっち!?


——————————————————————
いつも恋愛でうまくいかないあなたへ。
その悩み、心理学で解決してみませんか?
臨床心理士である村松奈美さんが、
科学的根拠に基づき説く、新しい恋愛の話。
——————————————————————- 

同棲後の結婚は、
離婚率高し!

あなたは、結婚前の同棲に、賛成ですか? 反対ですか?
「まず同棲して、相手をよく知ってから結婚したほうが、失敗しなさそう」
と考える人が多いのですが、
実は、同棲しないで結婚したカップルより、同棲してから結婚したカップルの方が、離婚率が高い
という意外な結果が!

ある調査では、同棲しなかった場合の離婚率は27%だったのに対し、同棲して結婚したカップルは36%というデータがあります。

……これは一体、なぜかと言うと、
「同棲中に、オイシイところを全部味わってしまうので、結婚は残りカスみたいになってしまう」
という一説が。

たしかに、一緒に新居を決めに行ったり、
ドキドキしながら最初の数日を過ごしたり、
いつも一緒にいられる幸せをしみじみ感じたり、
そういうことが新鮮だしワクワクする訳で。

それが全部済んでしまったら、結婚にあこがれなんか無くなって、「結婚=単なる契約」、みたいなドライなイメージしか残りませんよね。
b534d1f3eebdcb6ef3147c2fcdf070ac_s

結婚への“期待感”を
持てるかが大切!

そう、実はこの“あこがれ(期待感)”って、心理学的にすごく大事! 
だから、結婚への期待が高ければ高いほど、人は無意識にそれを実現しようとするんです。

例えば、彼が家に帰って来たらギュっと抱きしめてあげたり、
忙しい相手を気遣って、家事をやっておいてあげたり、
小さな不満があったとしても、口に出さないで我慢したり。
結婚に期待感があると、こんな風にちょっとしたプラス行動に現れるんですよね。

ところが、同棲してしまっていて、結婚にそれほど良いイメージがないと、こういう小さなことが適当になってしまうのです。
その証拠に、同棲したカップルのほうが、結婚後数年間の
「満足度が低い」、「考え方の不一致が多い」というデータもあります。

……ということで結論は、心理学的には同棲はあまりオススメではないということに。

もちろん、同棲を経て結婚しても、上手くいっているカップルも中にはいますよ。
でも、あまり安易に同棲を始めてしまうのは、ちょっと考えた方が良いかも?
8db460a4e0242e127cdf1f5b1ae856c0_s

○ブログ『悩みが悩みじゃなくなる、心理学の授業』
http://ameblo.jp/counselorsroom/

Written by muramatsu nami
muramatsu nami

村松奈美(むらまつ・なみ)/臨床心理士 高校卒業後、渡米しアメリカの大学・大学院で心理学を学ぶ。帰国後は精神科クリニックや児童相談所、スクールカウンセラーなどを経て、現在は大手外資系企業の社員向けカウンセリングを行っている。相談者自身が持っている成長力を活かすことで、短期間で高い効果を上げる独自のカウンセリング手法に定評あり。 自身初の著書『人は心理学で永遠に幸せになれる』(小社刊)大好評発売中!

»http://ameblo.jp/counselorsroom/

»この連載の記事を見る