恋人を思い通りに変えてしまう、禁断の心理学

恋人を思い通りに変えてしまう、禁断の心理学


——————————————————————
いつも恋愛でうまくいかないあなたへ。
その悩み、心理学で解決してみませんか?
臨床心理士である村松奈美さんが、
化学的根拠に基づき説く、新しい恋愛の話。
——————————————————————-

 

どうして分かって
くれないの!!

 

「家事をぜんぜんやってくれない」

「浮気グセが治らない」

「こちらの気も知らず、無神経な行動ばかり」……。

 

長年、一緒にいる彼氏や旦那への色んな不満に対して、
「何度同じことを言ったって、
どうせ変わらないわよ」
と、よく女友達が、こんな風にグチってませんか?

 

でも、ホントに人は変わらないんでしょうか……?

 

いえいえ、決してそんなことありません。
それはズバリ、あなたのやり方が下手なだけなのです!

……そこで今回は、一体どうすれば彼が変わってくれるのか、その秘訣を伝授しちゃいます。

 14dcdc706b52c941ea2e86b512c7610c_s

失敗パターン①
「不満があるのに、
伝えていない」

 

驚くべきことに、多くの女性が友人にはガミガミ文句を言っているくせに、肝心の彼には「何が不満なのか」「どうして欲しいのか」をハッキリ伝えていません!

 

「そんなこと、言わなくたって気づくものでしょ」

「こちらから言いづらいから、それは彼が察して欲しい」

 

……いやいや、言葉に出さなかったら、絶対に伝わらないですよ!
男性は鈍い生きものなんですから!

 

ですから、とりあえずハッキリと言葉で伝えてみましょう。

 

あ、ハッキリとは言っても、ケンカ口調で
「皿洗いぐらいやってよ!!」
みたいなのはダメですよ。
いくら皿洗いをやってもらえたとしても、2人の関係が険悪になってしまうので。

 

 男性は、頼られるのに弱いもの。
「最近、仕事ですごく疲れちゃって。できたら夜ご飯のお皿だけでも洗ってもらえると、すごく助かるんだけど……」
なんてお願い口調で言えればベストです。

ハッキリと言葉に出して伝えてみると、「そっか、じゃあ俺やるよ!」と意外と素直に変わってくれるものですよ。

 

失敗パターン②
「変わっても
何の得にもならない」

 

人は、自分にとって何のメリットのないことは、やらないものです。
「そんな身勝手な!」と思うかもしれませんが、実際そうだから仕方ありません。

 

逆に、変わることで何か得があるなら、彼が行動を変えてくれる可能性は大です。
つまり、「ごほうび」をあげることが大事なのです。

 

例えば、皿を洗ってくれている彼の背中を後ろからぎゅっと抱きしめて、「ありがとう」と言ってあげるなんて、最高のごほうびだと思いますよ。

 

彼の前で、友達に「彼ってば、けっこう気が利くんだよね」と褒めてあげるのも良いですね。

 

そんなの恥ずかしい、という人は、「洗い物してくれると思うと気が楽だから、夜ご飯いっぱい作っちゃった」なんてさりげなく言っても良いと思います。

ちなみに、これは毎回必ずやる必要はありません。
むしろ、たまにやるほうが効果があるのです。

これは「ギャンブラーの心理」と呼ばれていて、いつごほうびをもらえるのか分からないほうがワクワク感があり、その行動が長続きするのです。

 

「でも、やって当たり前のことだし、ほめたら調子に乗りそうだから……」
……こんな風に思っちゃダメダメ。

 ほめるだけなら、お金もエネルギーもかからないし、安いものでしょう? 

 

さっそく今日から使ってみてくださいね!

 9e387c8717d3a86f8d053a738bf7baa8_s

失敗パターン③
いちいち口出しする

 

彼がせっかく行動を変えてくれたのはいいけど、やり方が気に入らなくて、つい横から口出ししていませんか……?

 

「お湯出しっぱなしで勿体ない!」

「時間がかかり過ぎ!」

「食器に洗剤が残ってる!」

 

こんな風にいちいち文句を言われると、彼も嫌になって、やらなくなってしまいます。

もし、どーしても“洗剤残ってる問題”が気になるなら、せめてそれ1つだけに言いたいことを絞るようにして、ほかのことは諦めましょう。

 

そして、
「ゴメンね、私が神経質なだけかもしれないんだけど」
「おっ、今日は洗剤ついてない! さっすがー」
なんてフォローのひと言もお忘れなく!

 

いかがですか?
この3つのポイントさえ押さえておけば、
彼をあなたの意のままに操れちゃうかも……?

 

493b0030d52ed929fdcba7d1d30764b0_s

 

○ブログ『悩みが悩みじゃなくなる、心理学の授業』
http://ameblo.jp/counselorsroom/

Written by muramatsu nami
muramatsu nami

村松奈美(むらまつ・なみ)/臨床心理士 高校卒業後、渡米しアメリカの大学・大学院で心理学を学ぶ。帰国後は精神科クリニックや児童相談所、スクールカウンセラーなどを経て、現在は大手外資系企業の社員向けカウンセリングを行っている。相談者自身が持っている成長力を活かすことで、短期間で高い効果を上げる独自のカウンセリング手法に定評あり。 自身初の著書『人は心理学で永遠に幸せになれる』(小社刊)大好評発売中!

»http://ameblo.jp/counselorsroom/

»この連載の記事を見る