ほうれん草ソテーのサンドイッチ

ほうれん草ソテーのサンドイッチ


こんにちは。

突然ですが、朝はご飯派かパン派、どちらでしたか。

私はパンが多い家庭で育ちましたので、
今日はサンドイッチのレシピをご紹介します。

ご飯派の方は…パンではなくご飯にのせて、醤油をひとたらし。
それもまた美味しいです。

ほうれん草ソテーサンド
ほうれん草ソテーのサンドイッチ
材料
(1人分)
ほうれん草…100g
マッシュルーム…50g(3個)
ベーコン…1枚
バター…10g
お好みのパン…薄切り2枚
バターやマヨネーズ等…適宜

1.ほうれん草はさっと茹でて冷水にとり、水気をきって3㎝幅に切る。(※茹で方は先週ご紹介した『ほうれん草と春菊のおひたし』の茹で方と同じです。よろしければ参照してください。)マッシュルームは薄切りに、ベーコンは5ミリ幅に切る。
2.フライパンにオリーブオイル少々(分量外)を熱し、ベーコンとマッシュルームを入れて炒める。ベーコンがカリッとしたらほうれん草を加えてさっと炒め、バターを加えて余熱で溶かして混ぜる。
3.パンをトースターでこんがりと焼き、お好みでバターやマヨネーズを塗って2をはさむ。

ほうれん草は、生のままソテーすると後から水分が出てきてしまうので、
少し手間ですが、先に茹でてからソテーしてくださいね。

ぱっと作れて、ご飯にもパンにも合う、
朝ご飯にぜひどうぞ。

おすすめ調理アイテム紹介
温泉豆腐
嬉野温泉の温泉湯豆腐
佐賀県嬉野市の佐嘉平川屋さんの湯豆腐セットです。
佐賀県産の大豆でつくられたお豆腐はそれだけでも十分美味しいのですが、
温泉豆腐用の調理水とともに鍋に入れて火にかけると、
豆腐の角が溶けて、ふんわり、とろりとした食感の湯豆腐になります。
そのまま湯豆腐としていただいた後、
豆腐が溶けて白く濁った鍋の中に、野菜やお肉を入れてお鍋として楽しめます。
最後は汁気を煮詰めて、ご飯を入れて卵を溶き入れると、
あっさりとしたリゾット風おじやの出来上がりです。
ぜひ、〆まで堪能してください。

『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る