肩こりに効くアロマオイル

肩こりに効くアロマオイル


プリント

こんにちは。

急に暖かくなったり、かと思うと寒さが戻ってきたり、安定しないお天気が続いています。
冬の寒い時期は、ついつい体が縮こまってしまうので、肩こりがひどくなったという人も多いのではないでしょうか。
 そんな悩みをかかえた方に、今回のみどりのくすりばこは…。

肩こりなどの筋肉のこわばりに効くアロマオイルをご紹介します。

まずおすすめしたいのは、ウィンターグリーンというアロマオイル。

こちらのオイルには、サリチル酸メチルといって、シップ薬に配合されている成分が多く含まれているんです。

IMG_2678

ウィンターグリーンのアロマオイル

 

もうひとつ、ご紹介したいのがローズマリーのオイル
ローズマリーはお料理にもよく使うおなじみのハーブですが、アロマオイルには、血行をよくする働きがあります(お料理に使うハーブを食べても肩こりには効きませんのであしからず)。

IMG_2656

ローズマリーのアロマオイル

いずれも、マッサージオイルなどに1滴たらして、こっている場所をマッサージします。ウィンターグリーンローズマリーの両方をたらしてもいいでしょう。

そのほか、ジュニパーサイプレスといったオイルもおすすめ。
こちらは体内の余分な水分や老廃物を排出してくれる作用があります。

IMG_2681

ジュニパーのアロマオイル

IMG_2685

サイプレスのアロマオイル

私は肩がつらいな、と思ったら、マッサージオイルにウィンターグリーン、ローズマリー、ジュニパー、サイプレスのオイルを1滴ずつたらしてマッサージしています。

そんなにたくさんのオイルを揃えるのはたいへん、という場合は、気に入った香りのオイルだけでもいいし、2種類くらいを組み合わせてもOK。
難しく考えず、マッサージでリラックスするのがいいでしょう。

なお、ウィンターグリーンローズマリーのオイルは成分が強いので、必ずパッチテストをして、アレルギーがないか確認してから使うのがおすすめです。

 

注意点&免責事項
フィトテラピーは、日本では医療行為ではありません。ここに掲載されている内容は、植物の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任においてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

 

Written by moritaatsuko
moritaatsuko

森田敦子(もりた・あつこ) 日本での植物療法の第一人者。サンルイ・インターナッショナル代表。大学卒業後、念願だった航空会社の客室乗務員の仕事に就くも、ダストアレルギー気管支喘息を発病。その治療として植物療法に出会い、驚くほどの効果を実感。本場のフランスで学びたいと、航空会社を退職し渡仏。フランスでは4年間滞在し、フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学ぶ。 帰国後、植物療法に基づいた商品とサービスを社会に提供するため、会社を設立。2003年には日本バイオベンチャー大賞近畿バイオインダストリー振興会議賞受賞。AMPP認定・植物療法専門校「ルボア フィトテラピースクール」を主宰するほか、植物療法と医療とのコラボレートや商品開発など、多岐にわたって活躍。2014年、自身の念願の夢であったエルボリステリア(植物薬局)をコスメキッチンにて監修。

»http://intime-cosme.com/

»この連載の記事を見る