どうしても眠れない! つらい夜には…

どうしても眠れない! つらい夜には…


プリント

こんにちは。

前回は、質のいい睡眠をとるために積極的に摂ってほしいオイルを紹介しました。

でも質がいい・悪いという前に、とにかく眠れない! つらい! どうにかして! という方もいらっしゃいますね。

そんな方に、今回のみどりのくすりばこは…。

どうしても寝付けない夜に、試してみてほしいのが「バレリアン」という植物です。

 IMG_2110

眠れない時というのは、神経が高ぶっていることが多いですね。

何かストレスがかかっていて、1つのことが頭の中をグルグルと回ってしまっている状態。本当は幸せホルモンを出さなければいけないのに、ストレスホルモンが出てしまっている状態です。

そんな時に神経を鎮めてくれて、眠りを整えてくれるのがバレリアン。嫌なことがあった時にひきずらないため、不安や緊張をゆるめるためにも使えます。

 

バレリアンはハーブのお店などでハーブティーとして売られているほか、「コスメキッチン エルボリステリア」では、タンチュメール(ハーブ浸出液)を取り扱っています。

IMG_2646 

バレリアンのタンチュメール(ハーブ浸出液)

バレリアンは心を鎮めるために日中に飲むこともできますが、これから運転するという時は飲まないほうがいいでしょう。それくらい、眠りに作用する植物です。

眠れないからといって安易に睡眠薬に頼ったりせず、まずは自然な食事や植物を試してみてはいかがでしょうか。

 

注意点&免責事項
フィトテラピーは、日本では医療行為ではありません。ここに掲載されている内容は、植物の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任においてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

 

Written by moritaatsuko
moritaatsuko

森田敦子(もりた・あつこ) 日本での植物療法の第一人者。サンルイ・インターナッショナル代表。大学卒業後、念願だった航空会社の客室乗務員の仕事に就くも、ダストアレルギー気管支喘息を発病。その治療として植物療法に出会い、驚くほどの効果を実感。本場のフランスで学びたいと、航空会社を退職し渡仏。フランスでは4年間滞在し、フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学ぶ。 帰国後、植物療法に基づいた商品とサービスを社会に提供するため、会社を設立。2003年には日本バイオベンチャー大賞近畿バイオインダストリー振興会議賞受賞。AMPP認定・植物療法専門校「ルボア フィトテラピースクール」を主宰するほか、植物療法と医療とのコラボレートや商品開発など、多岐にわたって活躍。2014年、自身の念願の夢であったエルボリステリア(植物薬局)をコスメキッチンにて監修。

»http://intime-cosme.com/

»この連載の記事を見る