風邪の予防にアロマの力を

風邪の予防にアロマの力を


プリント

こんにちは。

いよいよ寒くなってきましたね。
空気も乾燥してきて、風邪をひいてしまいそうです。
そんな季節に、今回のみどりのくすりばこは…。

アロマオイルで、風邪の予防をしていきましょう。
風邪のウイルスを寄せ付けないためには、抗菌・消毒力が強く、免疫機能を高めるようなアロマオイルを使います。

私のおすすめは、ティートリー、ユーカリ、タイム

IMG_8536

左/ティートリーのアロマオイル 右/ユーカリラディアータのアロマオイル

 

IMG_6419

タイムのアロマオイル

マッサージオイルかクリームに、これらのオイルを1滴たらして、背中やのどをマッサージします。
香りを吸入するだけで抗菌作用があり、風邪予防に効果的です。

 できるだけ純度の高い、いいオイルを選んでおけば、こんな使い方も。

少しの塩に、ユーカリのアロマオイルを1滴たらし、それを水に溶かせば自家製のうがい薬の出来上がり。
ユーカリには咳を鎮める作用もありますから、タンが切れてのどがスッキリします。

IMG_3308

マスクのガーゼにユーカリのオイルを1滴たらすのもいいでしょう。

そのほか、熱いお湯をバケツにはって、ティートリーユーカリを3~4滴たらしてお部屋に置いておくだけでもOK。蒸気でお部屋の空気を抗菌できます。

また、塩大さじ1杯(15g)にティートリーユーカリのオイルを2滴ずつポトポトと落として、アロマバスソルトに。お風呂のお湯に溶かして風邪予防しましょう。

 

注意点&免責事項
フィトテラピーは、日本では医療行為ではありません。ここに掲載されている内容は、植物の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任においてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

 

Written by moritaatsuko
moritaatsuko

森田敦子(もりた・あつこ) 日本での植物療法の第一人者。サンルイ・インターナッショナル代表。大学卒業後、念願だった航空会社の客室乗務員の仕事に就くも、ダストアレルギー気管支喘息を発病。その治療として植物療法に出会い、驚くほどの効果を実感。本場のフランスで学びたいと、航空会社を退職し渡仏。フランスでは4年間滞在し、フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学ぶ。 帰国後、植物療法に基づいた商品とサービスを社会に提供するため、会社を設立。2003年には日本バイオベンチャー大賞近畿バイオインダストリー振興会議賞受賞。AMPP認定・植物療法専門校「ルボア フィトテラピースクール」を主宰するほか、植物療法と医療とのコラボレートや商品開発など、多岐にわたって活躍。2014年、自身の念願の夢であったエルボリステリア(植物薬局)をコスメキッチンにて監修。

»http://intime-cosme.com/

»この連載の記事を見る