夏バテ、夏疲れで胃腸が弱ったときに食べると良いもの

夏バテ、夏疲れで胃腸が弱ったときに食べると良いもの


プリント

こんにちは。
夏ももう終わり、この時期は夏の疲れが体に溜まっています。
今年は特に猛暑が続いたので、夏バテで食欲減退している方も多いと思います。

夏の間、昼間は暑くて何も食べる気がしないけど、夜になると冷たいビールをあおって暴飲暴食、なんて生活をしていた人は要注意。胃腸がかなり弱っている可能性があります。

そんな人に、今回のみどりのくすりばこは…。

準備するものは簡単。「キャベツ」と「ごま油」と「お塩」
これだけで、胃腸薬と同じような働きをしてくれると言ったら驚きますか?
IMG_2482

キャベツを刻んで、低温圧搾の良質なごま油と、ミネラルたっぷりの自然塩をかけます。
これをいつもより時間をかけて、だ液がしっかり出るようによく噛んで召し上がってください。
だ液に含まれる「ムチン」という成分と反応して、いわゆる「キャベジン」のような効果を生むのです。
ちょっと胃が疲れているけれど、今夜は焼肉を食べにいく約束がある…そんなときには、焼肉を食べる前にこれを食べましょう。

質のいいお塩を使えば、さらに体に大切なミネラル成分を摂ることができます。
IMG_2476

沖縄の海塩 ぬちまーす

ごま油のほかに、最近話題の「えごま油」や「亜麻仁油」を使ってもよいでしょう。

もうひとつ、夏バテにおすすめなのは「赤みそ(八丁みそ)」です。
戦国時代の武将たちは、夏の戦の際には、八丁みそをお薬のように小さく固めて持ち歩き、疲れたときに口の中でなめていたそうです。
それだけ、夏の胃腸を整えるのに役立っていたということですね。
IMG_2223

ちょっと調子が悪くなると、すぐ薬を飲むという人も多いと思います。
でも夏バテや夏疲れは、免疫力が下がっている証拠。なるべく自然な形で、免疫力を上げていけるなら、そのほうがいいですよね。
簡単に手に入る身近な食材を使って、調子を整えることができるということを、覚えておいてくださいね。

注意点&免責事項
フィトテラピーは、日本では医療行為ではありません。ここに掲載されている内容は、植物の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任においてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

 

 

 

Written by moritaatsuko
moritaatsuko

森田敦子(もりた・あつこ) 日本での植物療法の第一人者。サンルイ・インターナッショナル代表。大学卒業後、念願だった航空会社の客室乗務員の仕事に就くも、ダストアレルギー気管支喘息を発病。その治療として植物療法に出会い、驚くほどの効果を実感。本場のフランスで学びたいと、航空会社を退職し渡仏。フランスでは4年間滞在し、フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学ぶ。 帰国後、植物療法に基づいた商品とサービスを社会に提供するため、会社を設立。2003年には日本バイオベンチャー大賞近畿バイオインダストリー振興会議賞受賞。AMPP認定・植物療法専門校「ルボア フィトテラピースクール」を主宰するほか、植物療法と医療とのコラボレートや商品開発など、多岐にわたって活躍。2014年、自身の念願の夢であったエルボリステリア(植物薬局)をコスメキッチンにて監修。

»http://intime-cosme.com/

»この連載の記事を見る